特集
» 2020年09月23日 10時00分 公開

「手作業だらけで、ばらばら」80事業を抱える楽天 数万明細を扱う経理業務をどう標準化したか

多数の事業部門を抱える企業の場合、バックオフィス業務も事業部門ごとに個別最適が進む場合がある。バックオフィス改革を前提に効率化を進めるには、部門ごとの業務の壁にメスを入れる必要がある。80の事業を抱える楽天はこの問題にどう取り組んだか。

[土肥正弘,ドキュメント工房]

 変化が激しいECやオンラインサービスの業界で80もの事業を運営する楽天。同社の経理業務は事業部門ごとに個別最適化が進み、標準化の対極ともいえる状況だった。だがデジタル・トランスフォーメーション(DX)を目指すに当たり、業務標準化とデジタル化は必須の前提要件だった。複雑に絡み合った経理業務を、どう整理してデジタル化を進めたのだろうか。同社コーポレート経理部の取り組みを紹介する。

*本稿はBlackLine主催「Beyond The Black TOKYO 2020」の講演に基づいて構成した。


DXの前に「手作業だらけ、ばらばら」のフロントシステムの入力をどうするのか

1 楽天 國井 渉氏

 全体最適を目的としたERP導入では、既存業務の整理と標準化が大きな課題となる。個別最適化が進んだ企業ほど、業務の洗い出しと標準化の道のりは険しくなる。多様な事業を展開する楽天は本社経理部門約130人の約半数が事業経理を担当し、事業ごとに記帳から決算の数字確定までの業務を担う。

 同社経理部門の國井 渉氏(財務経理ディビジョン コーポレート経理部 ジェネラルマネージャー)は「80以上の多様な事業が並立し、各事業規模は短期間で拡大、時にはクローズするなど、変化が激しく、グループ内外でのサービス統合なども頻繁に起きるのが当社のビジネスの特徴。この事業環境では1つのシステムを長期間、同じようなプロセスで利用するのは難しかった」と振り返る。

 その一方で同社が将来的に目指すのは、デジタル化を起点にAI(人工知能)などによる高度なデジタイゼーションを前提としたDXだ。この最終ゴールに向け、システムやデータを整備していくステップとして全社規模で利用できるERPの導入や財務経理業務の効率化は必須だった。

130人が携わる手作業と個別最適の悪循環を絶つ2つの選択

 同社の経理業務はそもそも手作業が多かった。この手作業を効率化するために各工程が個別最適化していた。似たような業務でもいろいろなプロセスが存在することから、一部を自動化できても全体には及ばないため、さらに個別最適化が進んでしまう状況だったという。

 悪循環を断ち切るには手作業を減らし、工程最適化ではなく全体最適を考えられるように業務の標準化を断行しなければならない。そして標準化できたプロセスは自動化し、生産性や業務品質を改善する。そこで同社はまず業務全体の標準化のため、ERPとして「SAP S/4HANA」を導入した。

 そして、業務全体をS/4HANAで管理することを前提に、130人の経理業務効率化を目指して採用したのが「BlackLine」だ。BlackLineは「EFCA(Enhanced Finance Controls and Automation、高度な財務コントロールと自動化)ソフトウェア」として「決算自動化に特化した統合クラウドソリューション」を標ぼうするサービスで、SAP ERPやOracleなどのERPが持つ経理の機能を連携することで、業務の自動化や可視化を支援する機能を持つ。

 経理業務の業務は、フロントシステムでデータを入力してから最終的に正確な財務状況を把握するための財務データを作るまでの間にさまざまな工程があるが、その多くはERPでカバーできる。特に最終段階の財務データをまとめる際は、運用ルールさえ明確にしてあれば標準化できる。ERPへのデータ入力もデータ項目のルールとトランザクションの使用ルールを明確化すれば標準化は可能だと考えられた(図1)。

2 図1 経理プロセスをERPに移行するための標準化対象と標準化実現のキー(國井氏の投影資料より)

決め手を見つけにくいフロントシステム改善、どう取り組むか

 だが、経理業務を標準化するに当たって大きな問題となったのは、データの入り口側だった。つまり、各事業部門の購買、給与、販売管理、資産管理といったフロントシステムが扱う取引トランザクションやデータの持ち方の違いだ。

 全体最適の業務改革を成功させるには、全社でのERP導入が必要だ。その前提として、多種多様なデータを標準化した状態でERPに正しく入力する必要がある。ここでポイントとなったのが、BlackLineが持つ2つの機能だ。楽天はERP導入の効率化にもつながるこれらの機能をフル活用し、成果を出しているという。以降で詳細を見ていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。