ニュース
» 2020年09月16日 15時00分 公開

ペーパレスだけじゃない課題山積の契約管理業務、コロナ前後で問題意識はどう変化したか?

新型コロナウイルス感染症の拡大前と後で、契約業務における課題意識はどこまで変わったのか。本稿では、業種別に課題意識の変化を見ていく。

[キーマンズネット]

 クラウド型契約マネジメントシステムを開発、提供するHolmes(ホームズ)は2020年9月10日、「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大前後の契約業務に関する実態調査」の結果を発表した。複数拠点を持つ飲食や宿泊、小売り、サービス、建設、IT関連企業において、契約業務に携わった経験のあるビジネスパーソンを対象に実施した調査で、契約関連業務を非効率だと感じる現場の実情が浮き彫りになった。

業種別に見る、契約管理の非効率な現状

 まず、業務の効率化が必要だと感じている領域を尋ねた項目(複数回答)を見ると、「紙の書類のペーパーレス化」と回答した割合が最も高く63.4%に上った。次いで、「契約関連業務の効率化」(33.2%)、「拠点間を繋ぐワークフローシステム構築」(27.5%)となった。

 それぞれをCOVID-19の影響が生じる前と比較すると、「紙の書類のペーパーレス化」が52.5%から63.4%と10.9ポイント増、「契約関連業務の効率化」は31.2%から33.2%と2.0ポイント増加した一方で、「拠点間を繋ぐワークフローシステム構築」は、29.2%から27.5%と1.7ポイント減少した。

業務の効率化が必要だと感じている領域(n=805)

 最も変化が目立ったのは「ペーパーレス化」のニーズである。COVID-19以前と以後での割合を見てみると、飲食業が28.8%から59.6%と30.8ポイント増。IT関連業についても、51.%から65.2%と14.2ポイント増加しており、COVID-19発生後にペーパーレス化への意識が急進していることがうかがえる。

業種別に見たCOVID-19前後でのペーパレスへのニーズの変化(n=510)

 次に、売り上げの向上以外で、拠点運営業務における課題を尋ねた項目(複数回答)では、「従業員の雇用契約管理に手間・時間がかかる」(30.8%)や「拠点運営にかかるコストの削減」(25.8%)、「店舗従業員の採用・定着」(22.0%)が上位を占めた。「従業員の雇用契約管理」の回答割合は、COVID-19拡大前と比べると、特に飲食業とサービス業での増加幅が著しい。全体では3.2ポイント増だったのに対して、飲食業では7.7ポイント増、サービス業では5.5ポイント増だった。

業種別に見たCOVID-19前後でのペーパレスへのニーズの変化(n=805)

 拠点運営業務における課題において「従業員の雇用契約管理」と回答した業種別割合を基に、COVID-19以前と以後での課題意識の変化を探る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。