特集
» 2020年09月14日 10時00分 公開

今後の企業のDX推進

[元廣妙子,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

コロナ禍を機にIT化が進み、DX推進の機運が高まっているものの、まずどこから手をつけたら良いのか分からないといった声を耳にします。他社に先駆けて全社的なDXを推進しているソフトバンク株式会社の方々に「企業のDX推進」をテーマとして、事前アンケートの内容をもとにしたDX推進の秘訣や、自社プロジェクトの詳細について語っていただきました。

■記事内目次

  • 登壇者
  • 事前アンケートで、現在取り組んでいるDXは「定例業務の自動化」が1位という結果に
  • DX推進に必要なのは、ゴールの設定や綿密な計画、人材育成
  • DX推進は、ゴールを設定した上でまず取り組みやすいところから始める
  • 4,000人分の業務時間創出を目指すソフトバンクのプロジェクト「DW4000PJT」

登壇者

左から

モデレーター Peaceful Morning株式会社

代表取締役社長

藤澤 専之介 氏

ソフトバンク株式会社

法人事業統括 法人プロダクト&事業戦略本部

デジタルオートメーション事業第2統括部 デジタルオートメーション企画部 部長

熊井 信亮 氏

ソフトバンク株式会社

法人事業統括 法人プロダクト&事業戦略本部

デジタルオートメーション事業第1統括部 RPA技術支援部 部長

木下 貴士 氏


事前アンケートで、現在取り組んでいるDXは「定例業務の自動化」が1位という結果に

藤澤 専之介 氏 (Peaceful Morning株式会社 代表取締役社長): 今日は「今後の企業のDX推進」というテーマでお話しいただくということですが、今新聞やWebメディアのニュースを見るとかなりDXというキーワードが踊っているかと思います。DXすごく盛り上がっていますよね、というお話を先ほど登壇者のみなさまとさせていただいたのですが、DXに関してどう見ていらっしゃるのかを、ぜひ熊井様と木下様からお伺いできればと思っております。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。