ニュース
» 2020年09月11日 08時00分 公開

Web会議で起こりがちな“議論の空中戦”を回避する解決技とは?

本連載は、テレワークにシフトしたことで起こりがちなWeb会議にまつわる現場の“困った”を解決するワザを紹介します。

[窪田 篤,ストリートスマート]

 コロナ禍で対面会議がWeb会議に切り替わるといったケースも増えてきましたが、本稿ではWeb会議を快適かつスムーズに実施するための解決技を紹介します。第2回は「レベル★★★」の解決技の紹介です。

記事提供:株式会社ストリートスマート

「G Suite」をはじめとするクラウドサービスを通して、業務効率の向上やコミュケーションの活性化など総合的な働き方の変革を支援。本連載は、動画で学べるサブスクリプション型G Suite社内教育サービス「Master Program」の内容を一部抜粋して掲載している。


 Web会議によって、離れた場所にいるメンバーや取引先とも手軽に会議や商談ができるようになりました。Web会議には慣れてきたものの、口頭の会話だけでは議論が空転する“空中戦”の会議に陥ってしまうこともあります。

従業員A:昨日のオンライン会議だけど、1時間で終わるはずだったのが、議論が白熱して気が付いたら2時間もかけて議論していたよ。


従業員B:あのプロジェクトの件ですね。あれは対応が難しいですからね……。


従業員A:そうそう、ただでさえ議論する内容が多いのに、さらに部長とCさんの意見が対立してさ、確かにお互いの意見は分かるけどね。


従業員B:それを聞くと、昨日、別の打ち合わせがあったので欠席して正解だったとつくづく思いますよ……。結局、次はどういう策でいくんですか?

従業員A:えっ……、そういえば、最終的にどうなったんだっけ……?


特に全員がビデオOFFの中、ひたすら独りでしゃべり続けるようなWeb会議は空中戦になりやすい

 時間をかけるだけかけても結論の出ない会議はムダでしかありません。こうした議論の空中戦による“ムダ会議”は、ちょっとした工夫で回避できるのです。

「議論の空中戦」を回避するためにやっておきたい3つのこと

 ここからは、Web会議を効率的かつスムーズに進めるために以下の3つのTipsを紹介します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。