ニュース
» 2020年09月07日 08時00分 公開

Microsoft 365は何がどうなった? 新ライセンス体系と最新ユーザー利用動向を解説

「Office 365」が「Microsoft 365」になってライセンスプランはどう変わったのか。Office 365/Microsoft 365を含むオフィススイートの利用率は2019年と比較してどう変わったのか。無料ブックレット(全18ページ)で解説する。

[キーマンズネット]

【一目で分かる機能表付き】新Microsoft 365を徹底解説

 Microsoftは2020年4月20日に、ブランド統合を目的に「Office 365」を「Microsoft 365」に改称し、ライセンスプランを刷新した。しかし、大企業向けライセンスにはMicrosoft 365 E3/E5に加えて、Office 365 E1/E3/E5が併存する。全てがMicrosoft 365の名称に集約されたかと思えば、そうではなさそうだ。これが新Microsoft 365のライセンスプランの理解を困難なものにしている。新ライセンス体系は何がどう変わり、各ライセンスにはどのアプリやクラウドサービスが含まれるのか。刷新後の法人向けライセンスの詳細を図解を基に解説する。

 また本ブックレットでは、キーマンズネットが実施したOffice 365/Microsoft 365を含むオフィススイートの利用状況について、実態調査の結果も併せて紹介する。

本ブックレットで解説する内容

新Microsoft 365のライセンスプランを徹底解説

  • 4つの中堅・中小企業向けライセンス、それぞれの違い
  • 中堅・中小企業向けよりも複雑な大企業向けライセンス
  • 一目で分かる、各ラインセンスに含まれるアプリとサービスの一覧表
  • ライセンス選びで考慮したい3つのポイント

オフィススイートの利用実態調査

  • Office 365/Microsoft 365、G Suiteの利用率は2019年からどう変化したか
  • ユーザーが答えた「Office 365/Microsoft 365、G Suiteの不便なところ」
  • Office 365/Microsoft 365、G Suiteにまつわるテレワーク時のトラブル
  • Office 365/Microsoft 365とG Suiteの知ってる機能、知らないサービス

ブックレットのダウンロードはこちらから

 本ブックレット(全18ページ)は、キーマンズネットで掲載した解説記事を基に再構成しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。