ニュース
» 2020年09月04日 08時00分 公開

部長の画面が突然止まった……Web会議でイライラする通信遅延の解決技

テレワークの導入が進んだことで、業務フローは大きく変わり、対面会議もWeb会議へと切り替わるケースも増えました。そこで気になるのがWeb会議中のトラブル。本連載では「Google MeetのWeb会議トラブルあるある」の解決技を紹介します。

[窪田 篤,ストリートスマート]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、テレワークの導入が急速に進みました。就労環境が変わったことで「システムに接続できない」「ネットワークがつながらない」など、ユーザー部門からの問い合わせが殺到して「仕事にならない!」と困っているシステム担当者もいらっしゃるでしょう。

 長期化すると考えられるコロナ禍で、テレワークでもスムーズにまた快適に仕事を進めるためにはユーザー部門、情報システム部門でできる工夫も必要です。

 本連載では、コロナ禍で対面会議がWeb会議に切り替わるといったケースも増えてきた現在、Web会議を快適かつスムーズに実施するために、GoogleのWeb会議ツール「Google Meet」にまつわる現場の“困った”を解決するワザを紹介します。

 第1回は「レベル★★」の解決技! 通信速度が遅い環境からでも、快適にWeb会議を進められるワザの紹介です。

記事提供:株式会社ストリートスマート

「G Suite」をはじめとするクラウドサービスを通して、業務効率の向上やコミュケーションの活性化など総合的な働き方の変革を支援。本連載は、動画で学べるサブスクリプション型G Suite社内教育サービス「Master Program」の内容を一部抜粋して掲載している。


Web会議でとにかく守るべきは音声

 Web会議には慣れてきたものの、よく聞くのが「画面や音声の通信遅延」の声です。

「自宅から接続している部長だけネットワークが重くて、ビデオ止まってる……」

「リモート環境のメンバーだけ、音声が途切れて会話にならない……」

「VPNでただでさえ重い通信。そのうえWeb会議までは……」


 Web会議の一番の問題は、会話がブツ切れになったり、映像が止まったりすることではないでしょうか。あたかも対面しているかのように相手の顔を見ながら話せ、資料や画面を共有しながら会話を進めることができるのがWeb会議のメリットの一つです。しかし、相手の音声が途切れたり、映像が安定しなかったりすると、他の参加者もイライラしてしまいがち。こうした経験を重ねると、Web会議の開催を避けたくもなります。スムーズな会議の実施には、音声や映像のクオリティーが重要です。

 しかし、通信インフラが整っているオフィスと違って、従業員の自宅は必ずしも通信条件が良いとは限りません。とはいえ、情報システム部門は従業員からこうした問い合わせを受けても、通信インフラを今すぐに改善とはいきません。ここからは、Google Meetでのこうした問題を回避できる解決技を紹介します。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。