ニュース
» 2020年08月27日 08時00分 公開

コミュニケーションツールの利用状況(2020年)/後編

COVID-19の流行によって企業の働き方は大きく様変わりしたが、COVID-19の流行以前と以後でコミュニケーション、情報共有方法はどのように変わったか。読者に尋ねた。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2020年7月27日〜8月7日にわたり「情報共有ツールの利用状況」に関する調査を実施した。全回答者数70人のうち情報システム部門が25.7%、製造・生産部門が44.3%、営業・販売・営業企画部門と総務・人事部門が同率で4.3%、経営企画部門が2.9%などと続く内訳であった。

 今回は、勤務先で利用しているビジネスチャットなどコミュニケーションツールについての「満足度」をはじめ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行による「情報共有方法への変化の有無」や「情報共有についての問題点や課題」など、企業における情報共有への取り組み状況を把握するための質問を展開。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

プロジェクトでツール乱立……情報共有に関する不満の中身

 前編では、ビジネスチャットやメッセージングアプリなどのコミュニケーションツールの導入および検討割合が全体で65.7%と約7割に迫ることなどに触れたが、後編ではツールの満足度や新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による影響で勤務先の情報共有の在り方にどのような変化があったかなどを調査した。

 ビジネスチャットなどのコミュニケーションツールを勤務先で「利用している」とした回答者に対して、ツールの満足度を聞いた。その結果「満足」が23.9%、「まあ満足」が57.9%、「やや不満」が18.4%となり、「満足」と感じている人は合計で81.8%だった。

 「満足」とした回答者からは「会議以外にも、議事録の作成やメールの管理などいろいろと役に立つ」「会話の証跡が残るので、食い違いが減った」といった、スピーディーな情報伝達はもちろん情報の管理や再利用などでメリットを感じているとのことだった。

 一方で「不満」とした回答者からは「画像、音声品質が悪いときがある」「使い勝手が悪い。やりたいことをどうやればいいかが分かりにくい」「デスクトップ版、ストアアプリ、ブラウザで機能が微妙に異なり、資料共有が使いにくい」など、機能や使い勝手に対する不満が多く挙がった。

 他にも「一つのプロジェクトでも複数のツールを使っているから」といった運用面での課題もあった。前編でも触れたが、コミュニケーションツールを利用している人の約3割が複数のツールを併用しているようで、組織やプロジェクトチームでツールが乱立しているケースも少なくないのだろう。こうした点は定期的に運用状況を確認し、効果的な運用ルールを設定し直すなどの工夫が必要となりそうだ。

COVID-19で働き方が変わり、情報共有方法はどう変化したか

 2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が世界規模で広がり、国内でもテレワークへのシフトなど働き方の転換を迫られた。働き方が変わるということは、当然業務の進め方や組織のコミュニケーション、情報共有方法にも何らかの変化がみられるはずだ。その仮説の下、COVID-19の流行以前と以後で勤務先のコミュニケーションや情報共有の方法に変化があったかどうかを尋ねた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。