特集
» 2020年08月18日 10時00分 公開

社内の非効率解消にアプリでアプローチし、DXを推進する「Yappli for Company」

[RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

これまでのサービスを一新するようなテクノロジーが次々と登場し、私たちの生活習慣が根本から覆されようとしている。スマートフォンが広く普及し、あらゆるサービスがスマートフォンを通じて受けられるようになる中で、これまでハードルが高いと思われていたアプリ開発をITの専門知識を持たない事業者でも可能にし、運用できるようにしたサービスが「Yappli」だ。この「Yappli」のBtoB向けサービスがこの夏、仕様と名称を改め「Yappli for Company」へリニューアルする。

「Yappli」は2013年の創業から成長を続け、アプリ導入実績400社以上を誇る株式会社ヤプリ(東京都港区)によって提供されている。同社がネクストステップとして提供するサービスは、「社内におけるあらゆる非効率の解消」を目指すものだ。

サービスローンチの経緯から、アプリがひろげるDX(デジタルトランスフォーメーション)の可能性まで、「Yappli for Company」の全貌について、株式会社ヤプリマーケティング本部執行役員CMO山本崇博氏に話を聞いた。

■記事内目次

  • BtoC向けサービスを提供する中で社内の非効率を解決できるアプリの可能性に気づく
  • 情報伝達と双方向の密なコミュニケーションが実現できることが自社アプリの強み
  • スピーディーな開発、簡単な運用など非エンジニア向けの使いやすさが特徴
  • 「Yappli for Company」で、コロナ禍でも取引先とのコミュニケーションが可能に
  • DXの領域にアプリという選択肢を提示していきたい

BtoC向けサービスを提供する中で社内の非効率を解決できるアプリの可能性に気づく

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。