特集
» 2020年08月18日 10時00分 公開

「Chatwork」が可能にする次世代コミュニケーションで、中小企業のDXを推進

[元廣妙子,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

新型コロナウイルス対策を契機にリモートワークの認知度が高まり、オフィス以外の場所で仕事をすることはもはや珍しくなくなった。リモートワークは時間や場所の制約が少なく自由度の高い働き方が実現できる半面、「コミュニケーションが取りづらい」「生産性が落ちる」といった点が指摘されているのも事実だ。

働き方の変化に柔軟に対応しつつ生産性を確保するためには、コミュニケーションにおいてどのような点に留意すればよいのだろうか。2011年3月にビジネスチャットツール「Chatwork」の提供を開始し、2019年9月には東証マザーズに上場したChatwork株式会社(大阪府大阪市)の代表取締役CEO山本正喜氏に、これからのビジネスコミュニケーションに必要なことや「Chatwork」で実現できることについて話を聞いた。

■記事内目次

  • ビジネスチャットツールにより、時間と場所の制約が少ないコミュニケーションが可能に
  • 中小企業における外部、特に士業の先生方とのやり取りをスムーズにする「Chatwork」
  • シンプルで分かりやすいUIが特徴。細かなUIへの気配りも
  • チャットによるコミュニケーションを当たり前にし、中小企業のDX推進プラットフォームを目指す

ビジネスチャットツールにより、時間と場所の制約が少ないコミュニケーションが可能に

Chatwork株式会社 代表取締役CEO 山本正喜氏

−コロナ禍によりリモートワークが推奨されるなど、働き方を大きく見直す動きが出てきています。今後ビジネスコミュニケーションはどのようになっていくとお考えですか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。