ニュース
» 2020年08月04日 08時00分 公開

CIOが答えた2020年度IT予算の増減と今後の注力投資分野は?

2020年に入って新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが世界中を騒がせ、売り上げに大きく影響を受けた企業もある。企業のCIOは今後のIT投資の見通しをどのように考えているのか。IDC Japanが1467人のCIOに尋ねた。

[キーマンズネット]

 IDC Japanは、国内企業のCIOや情報システム部門長、またはそれに準じる立場の管理者、計1467人を対象に、国内ITサービスおよびアウトソーシングの利用実態についてユーザー調査を実施し、調査結果を発表した。

 調査結果を見ると、2020年度のIT予算の計画では、従業員1000人以上の企業の49.0%が増やす予定であると回答した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による業績への影響は、規模が大きい企業ほど「悪影響が大きい」とみる傾向にあり、60%以上の企業が直近(2020年5〜7月)の売り上げが減少すると回答。国内企業はCOVID-19による業績悪化を懸念していながらも、IT予算を増加する企業が多く、COVID-19による影響をITによって乗り越えようとする姿勢がみられる。

2019年度2019年度と比較した2020年度のIT投資の増減(出典:IDC Japan)

 COVID-19による影響を踏まえた上で、中期的(3年後)にIT投資額を増額するテクノロジー領域についてたずねた項目では、2019年度に投資したテクノロジー領域に比べると、5GやAI(人工知能)、機械学習、コグニティブ、ロボティクスといった技術への投資が増加するとした回答が目立ったという。COVID-19の影響により、遠隔操作や自動化、テレワークといった分野に対してテクノロジー投資が増加すると考える企業が多いとIDCはみている。

 国内企業、特に大企業ではCOVID-19に関する課題に対して積極的にIT投資を行い、テクノロジーを活用することで乗り越えようとする志向が強い。IDC Japanの井辺将史氏(ITサービスのマーケットアナリスト)は、「国内サービスベンダーは、企業の自動化のニーズがより一層高まることを明確に認識し、デジタルトランスフォーメーションを支援するテクノロジーの中でも、特に自動化を促すAIやロボティクスといったテクノロジーに対して、より一層の高度化を図る必要がある」とコメントする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。