ニュース
» 2020年07月29日 08時00分 公開

パナソニック初のオンライン採用面接、数千人規模の新卒採用をぶっつけ本番で実行した現場の奮闘劇

国内外の大学生、大学院生など数千人から応募があるというパナソニックの新卒採用。2020年、コロナ禍をきっかけに2021年卒の新卒採用を100%オンライン化した。同社の取り組みやオンライン採用活動をやって分かったことを聞いた。

[指田昌夫,キーマンズネット]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大で、2021年卒の新卒採用は大きな影響を受けている。採用活動に遅れが生じている企業も少なくなく、一部では長期化するという話も出ている。

 そんな中、パナソニックは新卒採用の面接を100%オンラインに切り替えて対応し、最終選考まで一度も対面せずに採用活動を実施し、採用計画はほぼ達成の見込みだという。同社のオンライン面接はどのように実施されたのか。コロナ禍における同社の採用活動の裏側について、担当者に話を聞いた。

突然の就活リアルイベント全面中止、オンラインへ移行

 パナソニックの小幡寛斉氏(採用部 採用課 課長)は、同社の国内、海外を含めた新卒採用の責任者だ。製造業のため採用する人材はエンジニアが中心で、技術系と事務系の割合はおよそ3対1だ。

 小幡氏は、例年と大きく変わった2021年の新卒採用について次のように語る。

パナソニック 小幡氏

 「2020年2月末までに実施した学生へのインターンシップは、なんとか終えることができました。そんな中で、日本でも新型コロナウイルス感染症の波が訪れました。同3月1日に採用広報が解禁というタイミングで、説明会やイベントは全て中止せざるを得ない状況で、全面的にオンラインへ移行することを決めました。幸い説明会やセミナーはなんとかオンラインで実施でき、学生と一定のタッチポイントを作ることができたと思っています」

 オンラインで情報発信はできたものの、例年のように学生と企業が交流する大学生、大学院生限定のカフェ「知るカフェ」などで実施しているオープンセミナーや大学主催の企業説明会で、学生とのリアルな接点を持つことはできなくなった。

 「例年は、オープンセミナーや企業説明会などで偶然の出会いがありました。パナソニックに特に興味を持っていなかった学生が、大学でのセミナーをたまたま聞いて関心を持ってくれるといったケースです。本年の採用活動ではそうした偶然の出会いは生まれにくく、当初からパナソニックに興味を持っていた学生にしかアプローチできないため、多様な人材を募集する当社の採用活動において、そこは大きな壁でした」(小幡氏)。

テスト用に準備していたオンライン面接を急きょフル稼働に

 パナソニックは従来、採用管理システム(ATS)を導入し、大量の応募者のエントリーシートや選考会(面接)の日程を管理していた。同時に、個人情報の管理を徹底するため、紙情報を取り扱わず、データで管理する体制は既に整えていたという。

 ただし、面接に関しては基本的に対面を前提としており、オンライン面接についてはちょうど2020年からテストしていこうという段階だった。小幡氏は「遠隔地に住む人や海外からの応募など、地理的な課題を抱えて応募する学生を支援したいと考えて導入を検討していました。それが、まさか2020年に100%オンライン化して面接を実施するとは思っていませんでした。ちょうど導入を始めていたことが幸いだった」と振り返る。

 同じく、採用活動の運用面を担当するパナソニックの青木深都氏(採用部 採用一課)も、「2019年12月に、ちょうどシステムの選定を終えたタイミングで、試験的に実施する時間もないまま全面利用となりました」と話す。

パナソニックの選考基準は変えないまま面接方法だけを変える

 パナソニックがオンライン面接システムを導入するに当たって求めた要件は、下記の通りだ。

 まず、同社の新卒採用の規模に対応できるシステムが必要だった。ピーク時には面接の予約が1日数百件にも達するため、案内が煩雑にならないことがポイントだった。

 また、オンライン面接で面接員が残すコメントや評価をデジタルで記録できることも必要だった。「これからはHRテックの領域も強化していきたいと考えており、面接の記録を安全かつ容易に共有できるようにしていきたいと考えていたところです」(小幡氏)

 もう1つの選定ポイントは、3人以上の同時ログインが可能なことだ。同社の面接の形態は、1対1だけでなく、学生が複数名、面接員も複数名という形を取る場合もある。これをオンラインでも問題なく実現することが求められた。

 「オンラインであっても、新卒人材の選考基準は例年通り、変えないことが前提でした。選考段階ごとに、誰が選考し、承認を取るかというプロセスをオンラインでもそのまま守っていくため、“複数名×複数名”という面接もオンラインで実現する必要がありました。汎用(はんよう)のWeb会議システムを除き、この機能が実現できるオンライン面接システムは限られています」

「やってみないと分からない」オンライン面接の課題は現場にアリ

 上記の条件のもと、最終的にパナソニックが採用したオンライン面接システムは、スタジアムが提供する「インタビューメーカー」だった。2020年2月に導入し、5月から本番運用を開始。

 導入から運用開始まではとんとん拍子に事が運んだが、オンライン面接が稼働する日、小幡氏は不安を抱えていた。「大規模な選考会を本当にオンラインで実施できるのか――。対面であれば、『どこに何時に来てください』と連絡さえすれば良かったが、オンラインではリンクを送っても学生さん本人が当日ちゃんとアクセスできるか、滞りなく面接を終えられるかなどやってみなければ分からないことがたくさんありました」(小幡氏)。

 こうして始まったパナソニックの100%面接オンライン化の運用。学生にとっては一世一代の就職活動ということもあり、採用部門も緊張感に包まれていた。フルリモート採用活動で成功した点と失敗した点は何か、またパナソニックはどのように失敗を乗り越えたのだろうか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。