Special
» 2020年07月13日 00時00分 公開

どんな組織でも取り入れられる「負担のない防御のカタチ」を考えようセミナー

[PR/キーマンズネット]

 Web対策、不正ログイン対策、DDoS対策──。インターネットを活用する企業にとって、サイバー攻撃対策の悩みはつきません。不正ログイン対策といえば2要素認証と言いたいところですが、これは利用者に負担をかける仕組みでもあり、そう簡単に導入できないという組織も少なくありません。対策手法/技術はたくさんあれど、“運用の負荷も利用者の負荷も軽減する”という、新たなカタチの防御方法こそが望まれています。そのようなバランスの取れた方法はどこにあるのでしょうか。

 今回のセミナーでも、前回も登場し大人気だったSBテクノロジーの辻 伸弘氏に再度登壇いただき、攻撃の最新事情をうかがうとともに、負担のないセキュリティ運用監視のスタイルを考えます。新たな時代に対応できる人材/システムへのニーズに対し、F5がどう答えられるのかを本音でディスカッションし、現実的な解を探っていきます。

今回のキーワード

  • Web対策、従来型「WAF」で守れるか心配ではありませんか?
  • セキュリティの運用、自社でやる?それともマネージドを使う?
  • 大規模サイトだからこその、セキュリティの悩みを解決するには?
  • 「2要素認証は使わない、でも不正ログインは対策すべし」に解はある?
  • 万が一のインシデント発生——報告書作成はできる?
  • 信頼できるセキュリティベンダーかどうか、どこで判断すべき?
  • IT人材不足のいま、本当に望まれるちょうどいいソリューションとは?

講演者

SBテクノロジー株式会社
プリンシパルセキュリティリサーチャー
辻 伸弘 氏

セキュリティエンジニアとして、主にコンピュータの弱点を洗い出し、修正方法を助言するペネトレーションテストなどに従事。現在はTVやインターネットを通じた情報発信も積極的に行っている。自宅では、趣味としてのハニーポットの運用、侵入検知システム(IDS)による監視、 セキュリティ情勢の調査・分析などを行っている。

F5ネットワークスジャパン合同会社
セールスエンジニアリング本部 部長
岡本 裕治 氏

ユーザ系システムインテグレータを経て、2016年にF5ネットワークスジャパン合同会社に入社。入社以降、主に金融やエンタープライズ領域の企業に提案活動を実施。また、ソリューション担当として、新ソリューションのアピール、パートナー会社との協業などにも従事。好きなソリューションは、認証強化とWAF。

アイティメディア株式会社
@IT編集部
宮田 健 氏

セミナー概要

 開催日時  2020年8月25日(火)15:00〜16:00
 形式  オンラインセミナー
 参加費  無料
 主催  アイティメディア株式会社 @IT編集部
 協賛  F5ネットワークスジャパン合同会社
 お問い合わせ  アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
  event_support@sml.itmedia.co.jp

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.