ニュース
» 2020年07月02日 08時00分 公開

「赤裸々な姿でテレワーク」も……読者が答えたテレワークの服装、マナーにまつわる“みんなの常識”とは緊急調査:COVID-19のテレワーク環境を振り返る(5)

緊急事態宣言下のテレワーク調査最終回となる本稿のテーマは「身だしなみ、マナー」だ。思わずうなずける「Web会議あるある」が寄せられた。

[キーマンズネット]

 2020年、新型コロナウイルスによる被害が世界規模で広がり、日本でも生活に大きな変化がもたらされた。こと企業においては期初計画の見直しや在宅勤務など働き方の転換に追われたケースも少なくないだろう。そこでキーマンズネット編集部では“コロナ禍”における企業の実情を調査すべく「緊急事態宣言期間中のテレワークの実施状況と勤務実態に関するアンケート」を実施した(実施期間:2020年5月25日〜6月12日、有効回答数548件)。

 5回にわたって緊急事態宣言下におけるテレワークの実態調査をお届けしたが、最終回となる本稿のテーマは、テレワーク時における「身だしなみ、マナー」だ。

調査サマリー

  • テレワーク時の服装指定の有無、94.5%が「服装の指定はなく自由」
  • 「普段着/部屋着でテレワーク」が最多で、60.5%、中には「常時スーツ」も
  • Webカメラの設定は「社外の人を交えたWeb会議時のみオン」が最多で41.1%

気になる他人のテレワーク時の服装、「常時スーツ」も若干名

 緊急事態宣言下の期間中は対面での会議や打ち合わせが困難になり、多くがオンラインによって実施されたことだろう。人と直接会うことはなくても、Web会議など画面越しで取引先や社外の関係者と関わることがある。テレワークにおいても最低限のマナーや礼儀作法は意識したいところだ。今回はテレワーク時の服装やWeb会議の作法など、身だしなみやマナーに焦点を当てて、調査結果を振り返りたい。

 オフィス勤務時と比べてテレワークでは対面で人と接する機会が少なく、服装や身なりも個人の判断に委ねられる。オフィス勤務時であればスーツやオフィスカジュアルとある程度服装は決まっていたが、テレワークとなるとどういった服装がふさわしいのか判断に悩む人もいるだろう。

 そこで、まずテレワーク中の服装の指定の有無について尋ねたところ、「服装の指定はなく自由」が最も多く94.5%、「服装の指定がある」とした人は4.3%となった。(図1)。

図1 テレワーク時の服装指定の有無(n=491)

 その他と回答した人からは「会社からの服装の指定はないが、自部署ではドレスコードを決めて自宅でもワイシャツ着用としていた」といった声があった。4.3%と若干数ではあるが「服装の指定がある」と回答した人もあり、職種別で見ると経営者や営業職などでその割合が高い傾向にあった。

 「服装の指定がない」ということはTPOに応じて自身で着るものを判断しているということだが、テレワーク中の服装はどういったものが多いのか。

 テレワーク時の服装についてテレワーク実施期間中最も多いパターンを尋ねたところ、「普段着/部屋着(常時)」が60.5%と最も高く、次いで「オフィスカジュアル(常時)」19.3%、「普段着/部屋着+オフィスカジュアル(Web会議時のみ)」15.1%と続く結果となった(図2)。その他の回答の中には「パジャマ、シャツとパンツ(肌着)」といった回答が寄せられた。

図2 テレワーク時の服装で最も多いパターン(n=491)

 通勤時はデファクトスタンダードであった「スーツ」は常時で1.8%、併用で2.2%と合計4.0%ほどで「オフィスカジュアル」であっても34.4%と、在宅勤務を中心としたテレワークに勤務形態が変わったことで勤務時の服装にも変化が見られた。

「自宅が映り込むのがイヤ」Web会議でのカメラの設定、多数派は?

 テレワーク時のコミュニケーション手段として、電話やメール、SNSなどがあるが、時には社内外の関係者を交えたWeb会議で話を進めるシーンもある。基本的には、音声でコミュニケーションできれば問題ないが、取引先など社外の人を交えたWeb会議ではマナーとしてWebカメラで顔を映した状態で会議を進める場合もある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。