ニュース
» 2020年06月16日 08時00分 公開

「スマートフォン」シェア(2020年第1四半期)

IDC Japanが発表した2020年第1四半期の携帯電話およびスマートフォンの出荷台数は、コロナ禍でありながらわずかにプラス成長を見せた。

[キーマンズネット]

 IDC Japanは、2020年第1四半期(1〜3月)における携帯電話およびスマートフォン端末の出荷台数を発表した。それによると、前年同期比8.8%増の776.2万台となった。2019年第1四半期が前年同期比で26.5%減(713.5万台)だった状況からわずかな回復を示した。OS別では、Android系端末が前年同期比8.9%増の3997万台、iOS端末が同11.0%増の3664万台となった。

 スマートフォン市場における2020年第1四半期の市場占有率(出荷台数ベース)をベンダー別で見ると、1位のベンダーは47.8%でトップを維持した。2位のベンダーは13.2%、3位は9.0%、4位は8.0%、5位は6.3%となった。スマートフォン市場における2020年第1四半期の出荷台数は766.1万台(前年同期比9.9%増)となった。

 IDC Japanの菅原 啓氏(携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリスト)によると、「2020年第1四半期は途中から新型コロナウイルス感染症の東アジアでの流行もあり、物流面などの混乱が出荷状況に悪影響を及ぼすことが危惧されたが、結果としては前年同期を上回る水準となった。しかしながら、第2四半期は緊急事態宣言発令による外出自粛や店舗の閉店などが行われたため、出荷の動向が懸念される」とコメントする。

図1 2020年第1四半期 国内市場スマートフォン出荷台数・ベンダー別 シェア(出典:IDC Japan)
図2 2020年第1四半期 国内市場携帯電話出荷台数・ベンダー別 シェア(出典:IDC Japan)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。