Special
» 2020年06月24日 10時00分 公開

テレワーク中の企業を悩ませる「生産性」「労務管理」問題 どう解決する?安全かつストレスフリーで働く環境づくり

「Web会議が聞き取りにくい」「慣れない作業環境に困惑」「1人で長時間残業が常態化」――テレワークが急拡大し、企業は今までにない課題に直面した。従業員のストレスを減らし、スムーズに業務を進める解決策を見つけるためのヒントとは。

[PR/キーマンズネット]
PR

 2020年、世界中にまん延した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、国内企業にもテレワークが広がった。半ば強制的なテレワーク移行によって従業員に十分な環境を提供できずに悩む経営者やIT担当者は少なくないだろう。環境構築や製品検討が進まず、全社的なテレワークが実現できない組織もあるのではないか。

 全社的なテレワークへの移行には、幾つものプロセスが必要だ。使えるソリューションの選択肢も広く「どこから手を付けてよいか分からない」という声も聞く。

 移行初期に最低限押さえておきたいポイントは2つある。1つ目は「どのようなテレワーク環境を提供するか」。2つ目は「どのようにテレワーク中の従業員をマネジメントするか」だ。

 前者は、オフィスと全く異なる環境でも従業員が効率的に作業できるような仕組み作りが課題だ。後者は、従業員の労務状況を直接見られない中で管理職がどのように部下の仕事をサポートするかという点だ。これらをカバーする解決策を紹介しよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本マイクロソフト株式会社、株式会社大塚商会、日本電気株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部