連載
» 2020年06月15日 08時00分 公開

日揮グローバルのエンジニアリング環境は? 「すぐ動く」情シスの経済的な合理性の考え方

PoCのコストと本番テストのコストはどちらの負担が大きいか。トライアンドエラーを重視する日揮グローバルのIT投資で選んだ経済性とは。

[指田昌夫,キーマンズネット]

 世界各地でプラント建設を進める日揮のエンジニアリング部がITをフル活用して業務の効率化とスピードアップを図る。同社の強みは徹底した情報収集と経済性を最優先した素早い判断と行動にあるようだ。本稿では選定プロセスや判断指針がどのようなものかを見ていく。

震災を機に激変したプラント設計のエンジニアリング環境

 日揮グループで海外のプラント設計から調達、建設を手がけるエンジニアリング企業である日揮グローバル。世界各国にある日揮のプロジェクトをエンジニアリングの面で支えることから事業拠点は世界各国に分散する。

サウジアラムコ社(サウジアラビア)の原油処理プラント サウジアラムコ社(サウジアラビア)の原油処理プラント 日揮グループが油田への注水設備、原油貯蔵タンク、出荷設備などの建設を担当する。出典:日揮グローバル

 セキュリティや企業ガバナンスを考慮して、早くから一部の事務処理環境はVDI(仮想デスクトップ)化して標準化、共通化と一元管理を実現してきたという。一方、設計環境は、10年ほど前まで、プロジェクトごとにワークステーションを前提にパッケージソフトウェアを利用してきた。

 プラントの設計ではインターグラフ社、アヴィバ社などが提供するプラント専用の3次元CADソフトウェアを利用する。設計業務はプラント内の装置の配置などの検討が中心だが、多数の部品を含むパーツの操作や描画には複雑なグラフィクス処理が伴うため、GPUパワーが必要だ。現在のVDIはGPUリソースを活用したり、画面転送を高速化したりといった技術革新が進むが、こと高いレスポンス性能が求められる業務では、個別対応せざるを得なかった。

大規模プロジェクトを担う企業ならではの「規模」と「速度」の課題

 しかし、2011年の東日本大震災が契機となり、災害対策(DR)としても遠隔地を含めた拠点での設計業務を統合管理する必要性が生まれ、VDIを利用する検討が始まった。

 日揮グローバルの杉 修氏(オイル&ガスプロジェクトカンパニー プロジェクトマネジメント本部 ITマネジメント部)は、プラント設計環境のVDI(eVDI)化について、次のように語る。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。