Special
» 2020年05月18日 10時00分 公開

迅速にセキュアなテレワーク環境を即日で構築する方法とは時間と予算を抑えてテレワーク環境を導入

テレワークの実施が急務となったが、業務用PCの準備やセキュリティ課題から対応を足踏みする組織は少なくない。セキュリティを確保した上でなるべくコストをかけず、迅速にテレワーク体制に移行するにはどうすればよいのだろうか。

[PR/キーマンズネット]
PR

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策として緊急事態宣言が発令されて以降、仕事の進め方は大きく変化した。全社規模でのテレワーク移行も急務となったが、突然言い渡されても、すぐにテレワーク移行できるとは限らない。

 例えば、ノートPCやシンクライアント端末を従業員に配布したり、仮想デスクトップインフラ(VDI)を整備したりする必要がある。加えてネットワーク機器を導入してVPNを整備し、社外から社内システムに安全にアクセスできるようにしたりして、ようやくテレワークが実現する。

 テレワーク環境の整備には、手間と時間がかかる。特に新規でハードウェアやネットワーク機器などを導入するとなれば、導入から利用開始までのハードルは多い。専任の情報システム担当者がいない中小企業の場合、さらに運用の負担も大きくなる。

 テレワーク環境の整備をすでに進めていた企業にとっても人ごとではない。一部従業員のPC持ち出しや社外利用のためのVPNが整備されていたとしても、人事や経理など機密性の高い情報を取り扱うためデスクトップPCを利用するバックオフィス部門の環境整備が課題となる。予算や準備期間がなければ全ての従業員にノートPCを配ることは難しいだろう。

 こういった課題が複数残る中、迅速かつ安価にテレワークを実現するにはどうすればよいのだろうか。ハードウェアをそろえなくても、従業員が自宅のPCやモバイル端末で安全に業務に取り組む方法を紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:RSUPPORT株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部