ニュース
» 2020年05月21日 08時00分 公開

コロナ禍で働き方改革は進んだのか? テレワークと人事労務管理の調査まとめ

新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として多くの企業が半強制的に取り組み始めたテレワーク。新入社員研修への影響や、ワークライフバランスへの影響は出ているのだろうか。

[キーマンズネット]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に伴い、緊急事態宣言が発効されてからもうすぐ2カ月になる。テレワークや時差出勤など感染拡大防止策が求められる中、企業の人事・労務管理ではどういった変化が起きているのだろうか。従業員のワークライフバランス管理やオンラインでの新人研修実施状況などテレワークと人事労務管理に関する調査リリースをまとめた。

テレワークと人事・労務管理に関する調査のニュース

  • 在宅勤務増加で64%の企業がオンライン研修を実施
  • コロナ禍で「働き方改革」は進んだ? テレワークでワークライフバランスはどう変化したか
  • 米Citrix調査、64%はオフィス再開に消極的、雇用者が考慮すべき対策

在宅勤務増加で64%の企業がオンライン研修を実施

 プログラミングやアプリ開発のオンラインスクールを運営するキラメックスは、2020年度の新入社員研修を実施したIT企業の研修担当者を対象に「新型コロナウイルスの影響下における新入社員研修と配属」をテーマに調査した(調査期間:2020年5月7〜15日、回答者数90人)。その結果、64%の企業がオンラインで新人研修を実施していることが分かった。

 それによると、新入社員研修を「オンラインで実施」した企業は全体の38%、「オンラインとオフライン両方実施」した企業は26%、「オフラインで実施」した企業は36%となった。オンライン研修は、在宅勤務のまま実施できるだけでなく「遠方にいる社員でも研修を実施できた」「研修用の場所の確保が不要だった」など、オフィスでの社員研修よりメリットがあるという声も挙がった。

 一方、今後の研修や社員教育について全体の83.3%が不安に感じていると回答した。不安な点として「研修を受ける社員同士のコミュニケーション不足」(43.3%)「研修を受ける社員のモチベーション維持」(38.9%)「例年同様のレベルまで育成できるか」(27.8%)などが挙がった。

コロナ禍で「働き方改革」は進んだ? テレワークでワークライフバランスはどう変化したか

 リクルートマネジメントソリューションズ組織行動研究所は、従業員規模300人以上の企業でテレワーク経験がある一般社員664人と管理職253人を対象に「テレワーク緊急実態調査」を実施した。テレワークの「ワークの質」「ライフの質」「業務ストレス」とテレワーク習熟度がワークライフバランスにどう影響しているかを調査した。一体、何割のビジネスワーカーがテレワークでワークライフバランスが変化したと感じているのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。