Special
» 2020年05月20日 10時00分 公開

「利用ユーザー数無制限、完全クラウド保存」のクラウドファイルサーバとは「テレワークのファイルサーバ問題」解消の糸口

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止策として突如として迫られるテレワーク。“長期戦”も懸念されるが、そうなれば業務データの保管場所もそれなりの容量が必要だ。

[PR/キーマンズネット]
PR

 働き方改革や自然災害など有事の際の対応策として関心を集めるテレワーク。2020年に入って新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界的に流行し、テレワークは「取り入れるべきもの」から「やらなければならないもの」へと変わった。

 感染拡大の防止策として政府が企業に対してテレワークへの切り替えを強く呼び掛ける中、ネットワーク環境の整備やシステム対応が追い付かず、暫定的な措置でその場をしのいでいる企業も多いだろう。

 テレワーク対応の中でも、特にファイルサーバは厄介だ。オフィスからしか接続を許可していない場合は、クラウド型ファイルサーバを利用するという手がある。しかし、全従業員が利用するとなると費用もばかにならない。当然、サービスの安定性や安全性も確認が必要だ。

 だが、迷ってはいられない。“長期戦のテレワーク”の懸念もある中、環境整備を早急に進めなければならない。本稿では、この課題に対する“逃げ道”を紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社サテライトオフィス
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部