特集
» 2020年05月15日 08時00分 公開

オフィスが「密」なのは経営者のせい? バーチャルオフィスが問いかける「組織の形」

請求書や発注処理、帳票を作っては印刷して郵送するのが当たり前というのは、常識ではなく惰性だったのかもしれない。パンデミックが起こるずっと前にはもうバーチャルオフィスで業務効率改善を進めていた企業に聞いた。

[吉村哲樹,オフィスティー・ワイ]

各業務でITツールをフル活用、4つの場所をつなぐ「バーチャルオフィス」を実現

 2004年に設立のヒューマンセントリックスは、企業のプロモーション動画や商品・サービス紹介動画、セミナー動画など、ビジネスシーンで用いられる動画コンテンツの企画・制作を専門とする。まだ動画コンテンツのビジネス利用が珍しかった時代から、この分野の先駆けとして市場を開拓し、現在では累計3万本にも及ぶコンテンツ制作の実績の中で培ったノウハウを生かし、多くの法人顧客からの信頼を得ている。

 同社の営業拠点は東京にあるが、コンテンツの制作拠点は福岡に構えている。こうした分散体制をとる背景には、同社の創業者で代表取締役である中村寛治氏の過去のキャリアが色濃く反映されている。

 「ヒューマンセントリックスを設立する以前、私は長らくIT業界で働いてきました。外資系IT企業の営業責任者として都内で営業活動を展開しました。その後、別のIT企業で福岡に九州拠点を立ち上げた経験もあります。東京と福岡にそれぞれ深く関わった経験から、『福岡でモノを作って東京で売る』というビジネスモデルが実現できないかと長らく構想してきました」

 こうした背景があり同社の2拠点体制が生まれた。現在ではさらに沖縄県久米島にラボを構える。在宅勤務で業務を遂行する従業員も多いことから、同社拠点は東京・福岡・久米島に、従業員それぞれの自宅を加えた4拠点体制を敷く。同社のコンテンツ制作は、さまざまな分野の社外クリエイターとの共同作業によって進められる。同社の従業員数は現在83人だが、制作過程においてはその倍以上の数の社外スタッフが加わり、常時約200人体制で制作を遂行する。

ヒューマンセントリックス 代表取締役 中村寛治氏 画像は外出自粛期間前に撮影したもの ヒューマンセントリックス 代表取締役 中村寛治氏 画像は外出自粛期間前に撮影したもの

 このようにさまざまなロケーションに分散する人々が互いにうまく連携をとり、コラボレーションを進めていくためには、やはりITツールの活用が欠かせない。同社の創業者である中村氏も、IT業界における長年の経験を踏まえ、ITツール活用の重要性を十分認識していたことから、同社の創業当初からさまざまなIT製品・サービスを積極的に導入してきた。

 「これまで培ってきたIT業界の人脈を基に、『この人が薦める製品なら間違いない』『この人が立ち上げたサービスなら間違いない』と思われる製品・サービスをいち早く導入してきました。例えばSaaS型名刺管理の『Sansan』もその一つです。サービスがローンチされた直後に導入して、現在でも活用しています」(中村氏)

 その他にもSFA・CRM「Salesforce.com」、コミュニケーションツールに「Slack」、プロジェクト管理ツール「Backlog」、ファイル共有サービス「box」、購買業務の「Amazon Business」など、業務ごとに最適なITツールを導入して社内外のコラボレーションの円滑化を図り、働く場所にとらわれない「バーチャルオフィス」の実現を目指す。

バーチャルオフィスの体制と運用に利用する主なツール《クリックで拡大》

煩雑な手作業が多かった請求業務を「MakeLeaps」で効率化

 そうしたITツールの一つに、メイクリープスが開発・提供するクラウドサービス「MakeLeaps」がある。MakeLeapsは、見積書や請求書など請求関連の帳票にまつわる業務を支援するSaaSアプリケーションだ。クラウドで見積書や請求書を簡単に作成できる機能を提供する他、過去に作成した帳票のデータを一元管理・検索・参照してより作業を効率化し、請求書のデータと入金データと突き合わせて請求消し込み作業を省力化できる。

 また、帳票類に記載されたデータを集計・分析してレポート形式で表示できるため、請求業務の現状を正確に可視化できるようになる。加えて、紙の請求書の印刷、封入、投函の作業まで代行してくれるため、請求業務の全ての作業に渡って効率化効果が期待できる。

 同社 エンタープライズ営業部 安河内 裕之氏は、MakeLeapsの導入を思い立った経緯について次のように述べる。

 「かつては請求業務を全て手作業で処理しており、月末になると当社の営業担当者がお客さま宛ての請求書を作成・印刷して郵送する作業に追われていました。こうした作業はビジネスにおいて必須ではあるものの、営業担当者にとっては本来やるべき仕事とは懸け離れた作業です。当社では、全ての従業員がそれぞれのコア業務に専念することで会社全体として最大のパフォーマンスを発揮すると考えており、そのためにさまざまなITツールを積極的に導入・活用してきました。そこで請求業務についても他の業務と同じく、ITで作業を効率化できる方法はないか以前から情報収集を続けていました」

ヒューマンセントリックス 安河内 裕之氏 ヒューマンセントリックス 安河内 裕之氏

 その過程で見つけたのが、MakeLeapsだったという。早速試用してみたところ、同社のニーズにぴったり合致する製品であることがすぐ判明した。「特に過去の案件の見積書や請求書が一覧で分かりやすく整理され、システム上で簡単に呼び出して参照できる点が魅力的だった」と同氏は言う。

(MakeLeapsが提供する機能、サービス) MakeLeapsが提供する機能、サービス《クリックで拡大》

 以降では、安河内氏が導入を決定する決め手となったMakeLeapsの各機能や実際の利用シナリオ、導入の効果などの情報を詳しく見ていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。