ニュース
» 2020年05月07日 08時00分 公開

テレワークの利用ツール状況(2020年)/前編

「テレワークの利用ツール」に関する調査では、テレワークに取り組んだ回答者の3割が生産性の低下を感じていることが分かった。テレワークで使いたくないツールを聞いたところ、働きづらさを感じる理由も見えてきた。

[キーマンズネット]

 キーマンズネット編集部は、2020年4月3〜17日にわたり「テレワークの利用ツール」に関する調査を実施した。

 今回はテレワークの「実施経験」をはじめ「実施後の感想」「使いにくかったツール」に「使いたいツール」など、企業のテレワークの実態を調査した。調査期間中に緊急事態宣言が発令されるたこともあり、全体回答者205人の80%がテレワークを「実施したことがある」と回答した。しかし、実施済み企業の30.5%は「業務が捗らなかった」と回答し、課題も少なくない現状が見て取れる結果となった。

8割テレワーク経験有りだが「業務が捗らなかった」声も

 2020年4月、新型コロナウイルス感染症対策のため、政府がテレワークなどを要請する緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大した。企業は感染拡大防止、従業員の安全確保を最優先に考えながらも事業継続の計画や実行に追われ、テレワークへの取り組みが急務となった。本調査では、はじめにテレワーク実施経験の有無を聞いたところ、80%が「ある」と回答する結果となった(図1)。

図1 テレワーク実施経験の有無

 テレワークに取り組んでみた感想を尋ねたところ、全体の29.8%が「出社時と比べ特に変わらなかった」、26.3%が「出社時と比べ業務が捗った」、24.4%が「出社時と比べ業務が捗らなかった」と回答した(図2)。テレワーク実施済み企業のみを対象に見ると「出社時と比べ特に変わらなかった」が37.2%、「出社時と比べ業務が捗った」が32.3%、「出社時と比べ業務が捗らなかった」が30.5%となった。実施済み企業の約7割がテレワークでも通常通りまたは通常以上の業務生産性を発揮できたことになる。一方で、約3割は「出社時と比べ業務が捗らなかった」と感じていることが明らかとなった。リモートワーク環境や業務内容、役職などによっても差異が出てくるのだろうと推察できる。

図2 テレワークに取り組んでみた感想

テレワークの生産性低下……何が原因?

 出社時と比べリモートワークで業務が捗らないという回答の背景に、使用するツールが影響している可能性もありそうだ。そこで、テレワークで「使いにくかった」または「使わなかった」ツールについて聞いたところ、1位は「業務端末の稼働監視ツール」26.3%、2位は「クラウド型のプロジェクト管理ツール」18.5%、3位は「仮想デスクトップ」「Web会議ツール」が同率で17.1%と続いた(図3)。その理由はなぜだろうか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。