連載
» 2020年04月30日 10時45分 公開

中小企業のリモートワークはどう実現? Salesforceの支援プログラムの中身

感染症拡大による働き方の変化は、今後の企業活動を効率化するきっかけになるかもしれない。費用負担などのリスク少なくSaaSを使ったテレワーク体制を試せる環境がそろいつつある。顧客管理や営業支援ツールで知られるセールスフォース・ドットコムの場合はどうだろうか。

[山本雅史,キーマンズネット]

 世界的な感染症拡大を受け、テレワークを実施する企業を支援する特別プログラムを提供するITベンダーが増えている。セールスフォース・ドットコムもその1社だ。同社は現在「Salesforce Care」というプログラムを通じてテレワークによるビジネス継続を支援する各種ツール類を提供している。平時よりもSaaS導入のコスト負担がかからないケースもあるため、今後の事業継続計画の検証にも活用できる。

08 新型コロナウイルス感染症への対策として、企業に無償ないし低額で提供する自社ソリューションを紹介するWebサイト(Salesforce Care)を用意 新型コロナウイルス感染症への対策として、企業に無償ないし低額で提供する自社ソリューションを紹介するWebサイト(Salesforce Care)を用意

中小企業向けに、CRMやBIツールを無償で提供

 まず、中小企業向けのCRM(顧客関係管理)である「Salesforce Essentials」について、最大10ユーザーまでのアカウントを90日間無償で提供する。

 さらにデータ分析向けのBIツール「Tableau Desktop」やデータ成形ツール「Tableau Prep Builder」を10アカウントを90日間無償で提供する。今までCRMや分析ツールを使ったことがない企業も想定しており、ビデオチュートリアルを含むオンラインのトレーニングプログラム「Trailhead」で学習も支援する。また、既に何らかの顧客情報データを持つ場合もSalesforce Essitialsにデータを取り込んで利用できる。これらのツールは全てSaaSのため、PCだけでなくスマートフォンからも操作可能なので、PC環境の用意がない従業員でも利用できる。

Salesforce Essentialsのチュートリアル
Tableauによる業務データの取り込みと分析の例

 Tableau Desktop、Tableau Prep Builderは、複数のExcelなどで作成した営業データや販売データなどを突き合わせて分析する場合のように、複数のデータソースを掛け合わせて分析する際に役立つ。

コラボレーション支援ツール「Quip」も無償提供

 セールスフォース・ドットコムというとCRMツールなどのイメージが強いが、2016年のQuip買収以来、コラボレーションツールにも注力している。もう一つのテレワーク支援施策は、この「Quip」の提供だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。