Special
» 2020年04月27日 10時00分 公開

がむしゃら営業はもう終わり、AIで“商談の勝ちパターン”を増産する方法とはデキる営業部の作り方

顧客満足を掲げていても、実際の営業現場では「ただ“使い回し”の提案書や“製品の説明資料のみ”を送っているだけ」ということは往々にしてある。本当にそれで顧客に寄り添った提案ができるだろうか。

[PR/キーマンズネット]
PR

 営業活動において商談成約の要となるのが提案書だ。いくら素晴らしいアイデアを考えても顧客に“刺さる”形で提案書に落とし込まれていなければ意味がない。提案書は商談の成否を左右する重要な役割を担う。

 だが、効率性を重視するあまりに定型の提案書を使い回すだけになっていないだろうか。当然ニーズは顧客ごとに異なる。それぞれのニーズを満たすものでなければ、苦労して勝ち取った商談機会も無駄な時間となり得る。

 提案書の作成は属人的になりがちで、その質は営業部員個人のスキルに掛かっている。トップセールスと呼ばれる営業部員は数々の経験から勝ちパターンを見つけ、提案書の作成に生かしている。しかし、時間に追われる営業部員はそうしたナレッジを他の営業部員にレクチャーする暇もない。

 本稿では、トップセールスの“勝てる”提案書を誰もが簡単に、しかも効率的に“盗める”方法を紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:ストックマーク株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部