特集
» 2020年04月23日 08時00分 公開

業務における帳票類のデジタル化の状況(2020年)/後編

企業内にある帳票類のデジタル化は、実は「コスト削減」しか考慮していないケースがあるようだ。コスト削減だけを目的に最低限のデータ化しかしていない場合は、今後のDXや事業継続性に影響が出てくる可能性がある。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2020年4月6〜10日にわたり「帳票の利用状況に関するアンケート」を実施した。全回答者数120人のうち、情報システム部門が34.2%、製造・生産部門が17.5%、営業/企画・販売/促進部門が10.0%、経営者・経営企画部門が6.7%などと続く内訳であった。

 今回は、企業で実施される「帳票レス化の実行・計画状況」や「帳票をデータ化して管理する理由」「帳票管理でおきた事件」など、企業における帳票の利用状況を把握するための質問を展開。帳票をデータ化して管理する理由は書類保管スペースや紙の出力などに関わるコスト削減を挙げる企業が多いことなどが明らかになった。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

 前編では96.2%と大多数の企業で部分的にでも帳票のデータ化が進められている現状を紹介した。そこで後編ではその背景や理由などについて深堀していきたい。

帳票の“データ化”が進むも、実態はPDFスキャンやExcel帳票が多数派

 まず全体に対して、紙文書を少しでも軽減するための、帳票のデータ化をどの程度進めているかを聞いてみた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。