特集
» 2020年04月20日 10時00分 公開

RPA活用フェーズで直面する「高コストで広げられない」を解決─FPTのakaBot®と、新構想RaaS(RPA as a Service)

[加藤学宏,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

システム開発に代わる効率化ツールとして期待されてきたRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、着実に広がりを見せている。MM総研「RPA国内利用動向調査2020」での導入率は、年商1,000億円以上の大手企業は50%超、50億円以上から1,000億円未満の中堅・中小企業は25%となっている。また、導入済み企業の8割が「利用拡大に前向き」と回答した。同時に調査は、ツールの切り替えを準備・検討している企業が約3割程度存在していることを明らかにした。

この動向を裏付けるように、RPAツール「akaBot®(アカボット)」を提供するFPTソフトウェア株式会社のブイ・ディン・ザップ氏も「活用フェーズに入ったが、拡大にともなってライセンス料の増加が課題になっている。他社ユーザーから製品を変えたいという相談も持ちかけられる」「中小企業にはライセンスが高くて導入が難しい」と話す。ザップ氏に市場の課題認識と打開策を聞いた。

■記事内目次

  • 1.RPA活用フェーズで顕著になる課題とは
  • 2.ROIを高めるアプローチ方法
  • 3.他社ツールからの切り替えで、RPA運用トータルコスト「半減」の実績
  • 4.ツールではなくサービスで日本企業の自動化を加速

RPA活用フェーズで顕著になる課題とは

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。