特集
» 2020年04月20日 23時51分 公開

「この案件、黒字かどうかは来月末まで分からない」を解消、freeeがBtoB向けのプロジェクト収支管理ツールを発表

freeeがフロント業務の収支管理機能の提供に乗り出す。案件単位の収支状況をリアルタイムで把握でき、単独でも導入可能だという。部門単位で導入できる料金プランで提供する。

[キーマンズネット]

 クラウド会計サービスを手掛けるfreeeが、プロジェクト単位の収支管理を実現する「プロジェクト管理freee」をリリースした。

 今までfreeeの提供するサービスはバックオフィス領域や財務の業務にスコープし、資金繰りの可視化や業務効率化、資金の流れの可視化などの機能を提供してきたが「今回はバックオフィス領域ではなく、ビジネスのフロント部分、営業などの業務を支援する」(freee CEOの佐々木大輔氏)としている。

freeeプロジェクト管理は管理業務ではなく事業部門のプロジェクト収支管理の領域を支援する(出典:freee)

案件単位の収支をAPI経由で取得、リアルタイムで可視化

 ここで「プロジェクト管理」という名称から、プロジェクトマネジメントのうちでも工程管理などの機能を想起するかもしれないが、ここではあくまでも「ヒト、モノ、カネ」の動きを見るERPの視点でプロジェクト単位の財務状況を把握するものであることには注意しておきたい。「Microsoft Project」などのプロジェクト管理ツールがフォーカスする大規模〜中堅規模の組織だけが対象ではなく、従来、月次単位でスプレッドシートを駆使して手作業で収支を集計してきたようなクリエイティブオフィスや開発会社など、BtoBの少数精鋭型企業の案件管理も本サービスの対象だ。

プロジェクト管理freeeが想定するBtoBプロジェクトの例(出典:freee)

小規模オフィスでも工数管理を自動化して集計をリアルタイム把握可能に

 案件単位の収支評価をリアルタイムで追うのは、案件ごとの工数入力や集計が必要だ。だがメンバーに入力をうながす必要もあるため煩雑になりやすく、入力が徹底しない場合には実態把握ができないなどの課題があった。プロジェクト管理freeeではこの点を幾つかの既存ツールをAPIなどを介して連携することで、予実管理のための入力作業なしに実態把握が進むように実装しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。