ニュース
» 2020年04月14日 08時00分 公開

コラボレーション機能を強化するDropboxに聞く テレワーク

クラウドストレージサービスを展開するDropbox Japan。コラボレーション機能を強化する同社にテレワーク成功の秘訣を聞いた。

[野依史乃,キーマンズネット]

 クラウドストレージサービスとして知られる「Dropbox」。ファイルサーバの代替としてのイメージが強いが、直近ではオンラインコラボレーション機能を積極的に拡充する。2020年3月には、ここ数カ月で一気に注目を集めるWeb会議ツール「Zoom」との連携も実現した。Dropbox上でファイルを開いたままシームレスにWeb会議を開催しファイルを共有できる機能や、Zoom上でミーティングを開いたままファイルの共有できる機能が追加された。

 日本国内でDropboxのサービスを提供するDropbox Japanの保坂大輔氏(ソリューション アーキテクト)によると、Zoomとの連携は、同社が恒常的に追加している外部サービスとの連携機能強化の一環だ。利用者数の多いツールベンダーを中心に連携を進めており、その相手は「Gmail」や「slack」といったメール、チャットツールの他、日本国内で提供される「LINE WORKS」のようなローカルなサービスまで多岐にわたる。

Dropbox上からZoomとの共有を選べる(提供、Dropbox Japan)

「ファイル置き場」以上の機能を持つDropbox

 「Dropboxはクラウドストレージですが、全社コラボレーションを進めるためのツールでもあります」と保坂氏は語る。というのも、Dropboxには、Dropbox上のドキュメント機能「Dropbox Paper」(以下、Paper)という機能がある。

 Paperはメンバーを指定した共同編集が可能で、編集内容はリアルタイムで反映されるため、Zoomで会議を開きながらそれぞれが入力できる。コメント機能も付いており、会議中のリアルタイム編集に限らず、1つのドキュメントを共同編集できる。

 「Paperはタスク管理やデザインレビューなど、さまざまな用途で使われるワークスペースです。このようにクラウドストレージ以上のコラボレーション機能を提供するベンダーとして、『複雑化しないこと』をモットーに直感的な操作で外部サービスを使えるようにしています」(保坂氏)

 保坂氏によると、昨今のテレワーク需要によって同社への問い合わせは増加傾向にあるという。企業のコラボレーションツールとして機能強化を進め、自社でも2020年2月18日から全社テレワークに取り組む同社に、テレワークでありがちな課題の解決策を聞いた。

Dropboxはテレワークの課題にどんな答えを用意しているか

 今回、保坂氏には、キーマンズネット編集部が実施した「テレワーク実施状況に関するアンケート」(調査期間:2020年2月7〜21日)で寄せられた読者のテレワーク実施に関する課題の中から、代表的なトピックを抽出し、Dropboxとしての「課題への答え」を聞いてみた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。