ニュース
» 2020年04月08日 18時30分 公開

通信コスト、セキュリティなどテレワークの企業ネットワーク課題を解消へ――コニカミノルタとWi2が業務提携

コニカミノルタとKDDIグループのWi2は2020年4月8日、ビジネス用公衆無線LANサービスの提供開始と業務提携を発表した。

[キーマンズネット]

 コニカミノルタとKDDIグループの公衆無線LANサービスに特化したモバイル通信事業者ワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)は2020年4月8日、ビジネス用公衆無線LANサービス「bizhub Spot」の提供を4月10日より開始すると発表した。これは両社の業務提携により実現するものだ。

 業務提携とサービス提供の目的は、企業の働き方改革支援だ。さらに、コニカミノルタは、昨今の新型コロナウイルス(COVID-19)の感染症対策として在宅勤務に取り組む企業が増加する中、社外でのモバイル通信コストや通信料制限、ネットワークセキュリティなどを課題と感じている総務、情報システム部門が少なくないことに着目した。そこで、手軽な導入と運用が可能で企業利用に適したセキュアな通信サービスの提供を開始するに至ったという。

 セキュリティや運用管理面など、企業利用に特化した公衆無線LANサービスの全体像とは。

bizhub Spotの主なサービス内容

 bizhub Spotは、Wi2の通信インフラを活用している。コニカミノルタによると、法人利用に特化したEAP/VPN通信に国内で初めて対応したビジネス用公衆無線LANという。2020年3月末時点で国内に10万箇所を超えるアクセスポイントを擁し、企業内の無線LANと同等の高セキュリティ通信方式と認証技術を採用している。そのため、接続設定などは不要で、端末を開くだけで安全なWi-Fiに自動で接続できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。