連載
» 2020年04月06日 10時56分 公開

「コロナ禍」で国内IT市場は4.5%縮小、最悪のシナリオはさらに下振れも、IDC Japan予測

IDC Japanは2020年4月3日、「新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内ICT市場予測」を発表した。悲観的シナリオもあるが、各自の施策で状況を改善できる可能性もあるという。

[キーマンズネット]

 IDC Japanは2020年4月3日、「新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内ICT市場予測」を発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新状況を考慮した国内ICT市場予測だ。それによると、国内ICT市場(支出額ベース)は前年比4.5%減の28兆2,155億円と予測されている。ただし、この予測の前提条件が今後も有効かは不透明だ。

デバイス市場が大きく落ち込むもソフトウェアはプラス、ただし全体では4.5%縮小

 IDC Japanは、国内ICT市場全体では前年比4.5%減の28兆2,155億円になると予測する。

 市場概況は製造業でのサプライチェーンへのインパクト、飲食/宿泊/運輸などのサービス業の低迷とそれに関連する各産業の業績悪化、国際スポーツイベントの延期など、市場縮小に向けた要素が多い。

 国内市場の製品セグメントごとの前年比成長率は、スマートフォン/PC/タブレットなどの「デバイス」がマイナス22.0%、ITサービスがマイナス1.8%、サーバ/ストレージ/IaaS/ネットワークなどの「ITインフラ」がマイナス1.2%、「テレコムサービス」がマイナス0.5%と予測、「ソフトウェア」は4.0%のプラスだった。

 デバイス市場の落ち込みが大きくなった要因は、感染症による市場の冷え込みに加え、「Windows 7」の延長サポート終了、消費税増税などの2019年の「駆け込み特需」の反動も影響した。

市場予測の前提条件は? 今後の楽観的シナリオ、悲観的シナリオでの市場予測は?

 IDC Japanは今回発表した予測は次の通り、やや楽観的な条件ともとれる前提条件を基にしている。今回発表した予測は、あくまでも下記3つの条件がすべて整う必要がある点は留意しておきたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。