ニュース
» 2020年04月02日 08時00分 公開

無線LANの導入状況(2020年)/前編

2019年は、無線LANのセキュリティ対策はまだ旧来型の対策から抜け切れていない現状が見て取れたが、1年たってその傾向は変わったのだろうか。また、いわゆる「Wi-Fi 6」と呼ばれ、標準化の完了が待たれる802.11axだが、運用している無線LAN規格の動向はどう変わったのか。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2020年3月9日〜27日にわたり「無線LANの利用状況に関する調査」を実施した。全回答者数102人のうち「情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場」が34.3%、「一般部門で主にユーザーとして利用する立場」が31.4%、「顧客に販売するベンダー・SIerとしての立場」が22.5%などと続く内訳であった。

 今回は無線LANの「導入目的」や「リプレースの有無」「導入済みの無線LAN規格」「セキュリティ対策状況」など、企業における無線LANの導入状況に関する質問を展開。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるため、事前にご了承いただきたい。

導入済みは7.4ポイント増、対して“導入しない”企業の事情とは

 いわゆる「Wi-Fi 6」と呼ばれる無線LANの最新通信規格「802.11ax」。2.4GHz帯と5GHz帯の2つの帯域をカバーし、電波の長距離伝送が可能なことが主な特長だ。すでに2018年末から802.11ax対応製品が徐々に出始めている。第5世代移動通信システム「5G」とともに、無線LAN市場にも企業の期待は集まる。

 今回のアンケート調査では2019年に実施した同調査の結果と比較して、この1年で企業における無線LANの導入状況や採用する無線LAN規格、セキュリティ対策などがどう変化したかを見ていく。

 まず、無線LANの導入率の変化を探るため、勤め先では無線LANを導入しているかどうかを尋ねたところ、「既に導入済みである」と回答したのが93.1%と100%に迫る勢いだ。「導入しておらず、今後も導入の予定はない」と回答した割合はわずか6.9%だった(図1)。

 2019年3月に行った調査と比較すると、導入済みが85.7%から7.4ポイント増加し、「現在は利用していないが、導入を検討中」の割合が5.2%から0.0%と5.2ポイント減少した。2019年に無線LANの導入を検討していた層がここ1年間で導入を完了したと考えられる。

図1 導入状況

 一方、全体の1割以下とわずかではあるが「導入しておらず、今後も導入の予定はない」とした層が考える「導入しない理由」は、「セキュリティに不安がある」「可用性・安定性に不安がある」「導入・運用コストがかかる」「費用対効果が明確でない」の4つに回答が集中した。「今後も導入の予定はない」と回答した層は、使える予算が限られがちな従業員数100人規模の中小企業が中心で、コストや費用対効果が未導入の理由に入るのはそのためと考えられる。

2020年注目の「Wi-Fi 6」導入率は? 802.11g利用者は全体の約2割も

 次に、採用する無線LAN規格の変動を探るために、「無線LANを導入している」と回答した層を対象に現在採用している無線LAN規格を聞いた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。