特集
» 2020年04月01日 10時00分 公開

丁寧な講義とよく練られた教材 ? 日商エレクトロニクスBlue Prism体験コース受講記

[加藤学宏,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

多くのRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)製品が、「プログラミングのプロでなくても扱える」「ドラッグ&ドロップで容易に記述可能」などと、開発におけるハードルの低さを訴求している。RPA BANKの取材でも、現場のプログラミング未経験者が開発に携わった事例を紹介してきた。

だが、ソフトウェアの操作は容易であっても、第一歩となるそのツールの設計思想や特殊な用語、概念の理解で苦労しているという声も聞かれる。このような「想定外の苦労」を解消する方法のひとつに、プロに支えてもらい触れながら理解を深められるハンズオントレーニングがある。

主要なRPAツールの1つとして名前が挙がるBlue Prismは、ぜひ一度は触ってみたいものだが、無料で気軽に受講できるトレーニングは希少だ。そんななか、日商エレクトロニクス株式会社が大阪で未経験者向けに無料の「体験コース」を提供開始したと聞き、さっそくBlue Prism未経験の記者が受講してみた。

■記事内目次

  • 1.大規模展開の経験にもとづく体験重視トレーニング
  • 2.【前半】丁寧なフォローを受けつつ、基幹システムへのログイン
  • 3.【後半】よくあるExcelのデータ処理にフォーカス
  • 4.短時間で要点を押さえた体験に満足

大規模展開の経験にもとづく体験重視トレーニング

日商エレクトロニクス株式会社(DX第二事業本部 地域デジタルレイバー推進室・迎井 美幸)

日商エレクトロニクスは、このほど大阪で「デジタルレイバーアカデミー」を開設したのだが、その一つが「RPA(Blue Prism)トレーニング 体験コース」だ。「まずはBlue Prismを触ってみたい」という未経験者を対象に毎月1度開催されており、2時間で大まかな概念の理解と操作を体感できるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。