ニュース
» 2020年03月31日 11時00分 公開

SIer依存体質のニッポン企業が考えるべきIaaSベンダーの選定ポイント

企業におけるパブリッククラウド活用の動きも鮮明になってきた。しかし、システムだけでなくクラウド活用においてもSIer依存体質が色濃く残る国内企業には幾つかの課題がある。

[土肥正弘,ドキュメント工房]
ガートナー ジャパン 亦賀忠明氏

 ガートナー ジャパン(以下、ガートナー)が2019年8月に発行した「日本におけるクラウドIaaSのマジック・クアドラント」によると、外資系プロバイダーと国産プロバイダーの間に画然とした違いがあることが浮き彫りになった。本稿は、ガートナー ジャパンの亦賀忠明氏(リサーチ&アドバイザリ部門 ディスティングイッシュト バイスプレジデント, アナリスト)にその詳細を聞き、編集部が再構成したものだ。

マジック・クアドラントから見るIaaSベンダー11社の現在地

 国内におけるクラウドIaaSの利用率は増加傾向ではあるものの、2019年2月の調査時点では利用率は17.1%にすぎない。国内導入率が65%のサーバ仮想化と比較すると、クラウドIaaSの利用はまだ初期段階にある。

 ゆっくりと着実にクラウドIaaSの利用は進んでいるものの、国内企業はいまだにクラウドの本質を十分に理解できているとはいえず、クラウドがアウトソーシングや仮想ホストとは似て非なるものであることに気づいていないケースが多く見られる。

 グローバル市場では「Amazon Web Services」(AWS)、「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」(GCP)といったメガクラウドに加え、「Alibaba Cloud」「Tencent Cloud」といった中国のサービスが競り合う状況になっている。こうした海外勢に対して、国産クラウドIaaSは投資金額やスケール、ユーザー数、イノベーションの量と質、売上高といったさまざまな指標において、大きなギャップがある。

 ガートナーは、IaaSベンダーおよびプロバイダーの製品やサービスを「マジック・クアドラント」によって評価した。これはガートナー独自の評価手法であり、IaaSだけに限らず全ての製品やサービスにおいてこの手法を用いて評価している。

 図1は、ガートナーが2019年に出版した「日本におけるクラウドIaaSのマジック・クアドラント」だ。国内のクラウドIaaS市場がどのような競争関係であるかを確認できる。

図1 日本におけるクラウドIaaS市場のマジック・クアドラント(2019年)(出典:ガートナー)

 マジック・クアドラントは、クアドラントという名称から推察されるように、「リーダー」「概念先行型」「チャレンジャー」「特定市場志向型」の4つの区分を持つ。各プレイヤーは、このいずれかにポジショニングされる。

 本マジック・クアドラントでは、Amazon Web Services(AWS)とMicrosoft、Googleといったベンダーが「リーダー」として位置付けられ、IBMが「概念先行型」、国内プロバイダー各社は全て「特定市場指向型」と分類された。

 マジック・クアドラントは、どこのポジションに位置しているものが良い、悪いということを示すものではなく、市場においてどのプレイヤーがリーダーであるかを示すものである。プレイヤーは「ビジョンの完全性」と「実行能力」の2軸によって評価される。

 ビジョンの完全性とは、テクノロジーの方向性や戦略、将来へ向けた能力を評価するものである。ビジョンではなく、「ビジョンの完全性」となっているのはそのためだ。実行能力とは「ユーザー数を拡大できたか」「評判や売り上げは向上したか」といった、過去から現在までの実行結果を示すものだ。

 この2軸により、市場をけん引する力を持つリーダーはどのベンダーか、ということを示す。日本におけるクラウドIaaSのマジック・クアドラント(2019年版)では、日本における企業向けITベンダーがグローバルと比較して、量と質ともに相当遅れていることを鑑み、どのプレイヤーがIaaS市場をより時代に即した状態に変えるのか、つまり「チェンジ・リーダーは誰か」という観点を強めて評価したという。

国内と国外ベンダーで大きな差が生まれるカラクリ

 図1の通り、なぜ国内と国外ベンダーでこんなにも評価に差が見られるのだろうか。それを解き明かすには、ガートナーが提唱する概念「バイモーダルIT」のモード1とモード2で市場を捉える必要がある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。