特集
» 2020年03月25日 08時00分 公開

いよいよ始動する5Gサービス、企業における活用意欲調査

いよいよ日本でも商用5Gサービスが開始される。ソフトバンクやNTTドコモ、KDDI、楽天モバイルが5Gサービスの提供を発表している。いったい、5Gに対する期待値はどれほどなのか。対応デバイスの動向とともに、市場の展望について概観する。

[菅原 啓,IDC Japan]

アナリストプロフィール

菅原 啓(Akira Sugawara):IDC Japan PC、携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリスト

IDC Japanにて携帯電話とAR/VR、ウェアラブルデバイス(スマートウォッチなど)を担当。同社入社以前も含め、15年以上に渡りIT市場、特にコンシューマー向けデジタル製品市場の分析やコンサルティングを行っている。


■目次

  • 5G対応の端末から見た企業の採用意欲
  • “様子見”よりも“前のめり”企業の5G採用時期
  • 5Gはなぜ人気なのか
  • 導入への懸念点はコストが大きな割合に
  • 5Gスマートフォンの出荷予測

5G対応の端末から見た企業の採用意欲

 いよいよ5Gが本格的に始動する2020年を迎えた。ソフトバンクやNTTドコモ、KDDIなど大手通信キャリアから5Gに関する新サービスの発表もされている。5G本格導入を目前に、国内企業では5Gにどんな期待を持っているのだろうか。今回は、国内企業の5G対応端末の採用意欲とともに、今後の展望について調査した。調査期間は2019年10月25日〜11月5日となっており、国内企業で携帯電話やノートPCなどの製品選定に関与している方を中心に調査を実施している。なお、現在大きな懸念となっている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響は反映されていない。5Gはテレワークのネットワーク基盤としても注目されているため、その採用意欲は2020年3月現在、より高くなっている可能性もある。

 まず、企業における5Gの採用意向を聞いたところ、既に利用・採用している企業も含めて利用意欲があると答えたのは53.0%で、多様な場面で利用が進むAIの54.2%とほぼ同水準となった。一方、2019年秋ごろからアクセスポイント(以下、AP)にチップが搭載され、PCやタブレットにも導入が進むWi-Fi6は46.1%にとどまった。このような状況から、5Gへの関心の高さが浮き彫りとなった。Wi-Fi6については、今後無線LAN環境を刷新する際には意図せずとも対応済みのAPが導入されることになるため、意図的に採用するというよりも次世代ネットワーク基盤として当然敷設されると考えている方も少なくないと考えられる。

 5Gを利用する端末に関しては、スマートフォン/携帯電話(64.6%)を筆頭に、ノートPC(61.2%)やタブレット端末(49.4%)などの比率が高い状況にある。また、AR/ARヘッドセットなどと比べてIoTなどの制御機器の比率が高いことから、通信キャリアに依存せずに5Gが持つ低遅延や多接続といった特長が生かせる「ローカル5G」によるIoT活用に期待を寄せている方も少なくないようだ。AR/ARヘッドセットでのビジネス活用はまだ十分に進んでいるとは言い難く、ユースケースの不足が採用意欲の数字に表れている。

“様子見”よりも“前のめり”企業の5G採用時期

 日本における5Gサービスの開始時期は、NTTドコモが2020年3月25日よりサービスをスタートさせ、KDDIは3月26日より、ソフトバンクは2020年3月27日より開始すると発表している。後発となる楽天モバイルも2020年6月からのサービスインを進めている。現時点では各社とも利用可能なエリアが限定的で、すぐに5Gサービスの恩恵を受ける企業は少ないだろう。

 実際には、いつごろからサービス利用を検討しているのだろうか。調査では、スマートフォンについては2020年中に導入したいとする回答が27.9%と最も高く、次いでサービス開始後すぐに導入したいと回答した人が26.8%となっている。ノートPCやタブレット端末についても同様の傾向にあり、全社導入ではないものの、早い段階で5G対応端末を購入して使い勝手を試したいという回答も見受けられた。様子見よりも比較的“前のめり”に5Gのビジネス活用を考えているようだ。

 調査における自由回答を、具体的に使いたい業務が明確になっているかどうかで導入時期に差があるようだ。中でも、働き方改革などの仕組みづくりの一環として活用したいという声が多く寄せられていた。現状のリモートワークは、自宅やサテライトオフィスなどが中心だが、5Gでは従来と異なる場所の選択肢も出てくるだろう。また、CADのようなワークステーションクラスのスペックが求められる業務では、端末が設置されている場所でないと難しいケースもあったが、GPU仮想化を実現したvGPU(Virtual GPU)を活用することで、シンクライアント環境でもCADが柔軟に活用できるようになってきている。5GとvGPUの組み合わせはリモートワーク促進にさらなる効果を発揮するだろう。

いったいなぜ? 5Gを導入したい理由

 5Gは、なぜここまで導入に“前のめり”なユーザーが多いのだろうか。導入を考えている理由を見ていきたい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。