Special
» 2020年03月24日 10時00分 公開

オールフラッシュで差がつく 「ストレージ特化型アーキテクチャ」とは何かストレージベンダーが「一から作り上げた」

企業が扱うデータ量は増え、データに期待される役割も変化しつつある。こうした中で、企業のIT担当者はデータをどう管理すべきか、そのために最適なストレージとは何か。企業向けクローズドセミナーの講演を基に解説する。

[PR/キーマンズネット]
PR

 企業を取り巻く環境は変化しており、取り扱うデータ量は増加の一途をたどる。単にデータを保持するだけではなく、データ分析をすることで得られるインサイトの活用やAI(人工知能)にデータを学習させることによる業務効率化、新しいビジネスの創出など、期待される役割は多い。

 だが、オンプレミス、クラウド、そしてハイブリッドと、システムを取り巻く環境は複雑化しておりIT担当者が全てのデータを把握するのは困難になっている。こうした中で重要になるのは「いかに効率的に素早くデータを管理、活用するか」というデータマネジメントの視点だ。的確なデータマネジメントには、ストレージに関するノウハウが必要だ。

 本稿は、SB C&Sとピュア・ストレージ・ジャパン共催の企業向けクローズドセミナー(2020年初め)で開催された講演を基に、企業が今取り組むべきデータマネジメントとそれに適したストレージの技術解説をする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:SB C&S株式会社、 ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部