コラム
» 2020年03月13日 08時00分 公開

所有者不明のUSBメモリ同様、偽装USBケーブルも危険 新ハッキングツールに要注意:554th Lap

怪しいUSBメモリをPCに差し込まないのはセキュリティの基本だ。では、自前の外部機器とPCの接続に使うUSBケーブルにも気を遣えているだろうか? このほど、USBケーブルに偽装したハッキングツールに新バージョンが登場したという。

[キーマンズネット]

 持ち主不明のUSBメモリは、マルウェアが仕込まれている可能性もあり不用意にPC接続してはならない。では、USBケーブルまで意識できているだろうか? 外付けSSDと接続したいとき、デスクに新品同様のケーブルが置いてあったとしたら、使わずにいられるだろうか。新たに登場したハッキングツールは、USBケーブルを“魔改造”したもので、普通のケーブルと見分けがつかないという。いったい、どういうものなのか――。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。