特集
» 2020年03月12日 10時00分 公開

言語AIのCOTOHAが「会議」の非効率を解決――NTTコミュニケーションズが考える一歩先の働き方改革

[加藤学宏,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

人のアシスタントとして、ソフトウェアのロボット「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」が活躍する場面が広がり、業務効率化が進んでいる。だが、RPAでは解決できない効率化領域は多く残っている。その一つが、人間同士のコミュニケーションだ。

特に会議は「無駄」や「非効率」が指摘されてきた。パーソル総合研究所などによる調査では、1,500人規模の企業における無駄な社内会議時間は年間9万2000時間、約2億円の損失に上るという。効果が高い対策としては、時間制限を設けることのほか、決定事項と次に行うタスクを明確化することを挙げる。

AIをはじめとする「データの活用を推進するサービス」を提供するNTTコミュニケーションズ株式会社では、およそ500社のアンケートを実施。中堅中小企業において特に負担となっているのは「議事録」の作成と共有、そしてタスクやアクションへとつなぐことだった。

こうした会議の課題は、AIによってどこまで解決できるようになっているのだろうか。議事録作成支援サービスを手がける担当者2人に、現在地と展望を聞いた。

■記事内目次

  • 「手軽」に「低コスト」でAIを活用して会議効率を向上
  • 単なる文字起こしではない、議事録作成の価値とは
  • 議事録作成にかかっていた手間を1/4に削減
  • 言語AIを活用するサービスで、働き方改革をもっと身近に

「手軽」に「低コスト」でAIを活用して会議の効率を向上

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。