ニュース
» 2020年02月28日 08時00分 公開

費用をかけてもムダ金に? 手段が目的化した日本企業の採用活動

自社の存在価値を高め利益につなげるには、いかに多くの“ファン”を獲得できるかが要だ。ファンは何も顧客だけとは限らない。採用応募者や求職者もファンとなり得る存在だ。そうした層を取り込むには今の採用活動をどうあらためるべきか。

[太田 努,サイト・パブリス]

 本連載第1回では、企業価値を高める考え方の一つとして「自社のファンを増やすこと」の重要性について触れました。ファンを増やし、自社に対するエンゲージメントを高めることで、「選ばれる企業」となり自社の価値を高めることが重要だという考え方です。そのためには、顧客や株主、パートナー企業だけを見ていてはダメで、これから仲間になる採用応募者や求職者などもファンとして取り込むことが重要となってきます。

 第1回の記事でも触れたように、今は採用難の時代です。人材の定着率も低下傾向にある中、どうすれば求職者の目を自社に向けさせることができるのでしょうか。そのためには採用戦略だけでなく、マーケティング視点で採用市場を捉えることが重要となります。

 企業は自社の商品やサービスを顧客に訴求する際、社会のニーズを捉えて他社との差別化となるポイントを作り、顧客との接点を探ります。こうしたマーケティングの方法論は求職者を取り込む上でも重要です。「求職者=顧客」という考え方のもと、「選ばれる企業」になるにはどうすれば良いのでしょうか。第2回ではそのポイントを解説します。

著者紹介:太田 努(デジタルフォルン 取締役COO)

大手人材総合サービス企業在籍時にアウトソーシング事業を中核とする社内ベンチャーを立ち上げ、上場。主に営業やサービス企画、グループ企業経営などに従事。その後生活産業系企業に移り、BtoCの店舗運営事業の立ち上げに携わる。事業責任者として店舗オペレーションやサービス企画、マーケティングなどを統括。現在はデジタルフォルンのCOOとして事業運営全般を担当しながらグループ会社であるサイト・パブリスの執行役員を兼務。デジタルマーケティング領域の拡大に向けた取り組みを行う。


選ばれる存在になるために絶対的に足りない視点とは

 この採用難の時代において、採用媒体への出稿や就職フェアなどのイベントへの参加といった採用活動に多くのコストを割いている企業が多く見られます。しかし、手段が目的化している傾向が見られます。その代表格として「採用サイトのリニューアル」や「採用動画」などがあります。これらは求職者へのアプローチとして有効な手段の一つでもありますが、「サイトをリニューアルして見せ方を変えているだけ」「動画を作成して見栄えをよくしているだけ」など、それ自体が目的化している実態が見て取れます。

 活動の効果を検証して求職者との接点作りを改善することもなく、リリース後は放置されているケースも珍しくありません。決して安くはない費用をかけたにもかかわらず、それらを有効に活用できていないのが現実です。

多くの企業が優秀な人材を獲得するためにしのぎを削る中、意義のある採用活動の在り方が問われていると感じます。

採用活動の生命線は「マーケティング視点の戦略への転換」

 SNSの普及などによって採用の告知手段が多様化する一方で企業の採用サイトが意味するものが変わりつつあります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。