ニュース
» 2020年02月14日 10時00分 公開

2020年、企業が最も「カネをつぎ込みたい」と考えるIT投資分野は?

キーマンズネットの読者1329人に対して、勤め先における2020年のIT投資額の増減と投資分野について尋ねた。2019年は「Windows 10」へのリプレースに投資が集中したが、2020年は企業の焦点はどこにあるのか。

[岡垣智之,キーマンズネット]

 キーマンズネット編集部では2020年に注目すべきトピックスとして「セキュリティ」「クラウド活用」「情報共有」「DX人材」「AI導入」「RPA」「働き方改革」の7つのトピックスを抽出し、読者調査を実施した(実施期間:2019年11月22日〜12月20日、有効回答数1329件)。企業における2020年のIT投資意向と併せて調査結果を全8回でお届けする。

 最終回となる第8回のテーマは「IT投資」だ。

調査サマリー

  • 2020年のIT投資額は「前年とほぼ同じ」が49.0%
  • 注力の投資分野は「社内IT基盤」が最も多く26.9%
  • 関心のあるIT分野は「AI/機械学習」に多くの票が集まる

2020年の投資動向は「横ばい」が減少し「増額」が微増

 2019年は「Windows 7」「Windows Server 2008」のサポート終了や働き方改革関連法の施行、元号の改正や消費税の増税など、IT担当者泣かせの“一大イベント”が集中した年だった。業務の自動化にも関心が集まり、RPA(Robotic Process Automation)は企業の関心を引き付けるものとなった。

 2020年はこれらの動きは一段落しそうだが、世界的イベントに向けたセキュリティ対策や先日にSAPからサポートの延長が発表された「2025年の崖」あらため「2027年の崖」問題、ISDN回線の終了に伴うEDI(電子データ交換)への影響などまだまだIT担当者の頭を悩ませる事案が待っている。

 こうした風潮を受けて、企業は2020年のIT投資計画をどう考えているのか。まずはIT投資額の増減を探るために「2019年度と比べて2020年度のIT予算はどのように増減する見込みか」を尋ねたところ、「ほぼ同じ」が最も多く49.0%、次いで「減額される」11.3%、「増額される」12.0%と続いた(図1)。

図1 2020年のIT投資の増減(n=1329)

 2019年の結果と比較すると「ほぼ同じ」が3.4ポイント減少し、その分「減額される」が3.9ポイント、「増額される」が1ポイント増加した。2020年も横ばい傾向に変わりはないが、わずかにIT投資意欲の減少傾向が見られた。

2020年に投資予定のIT分野、気になる分野

 次に、「2020年度に投資を予定しているIT投資分野」について尋ねた。トップ5は、回答率の高い順に、「社内IT基盤(サーバ/ストレージ/ネットワークなど)」26.9%、「クラウドIT基盤(IaaS/PaaSなど)」21.9%、「業務の自動化(RPA/BPM/BRMSなど)」19.5%、「AI/機械学習」19.3%、「テレワーク/モバイルワーク環境整備」19.1%となった(図2)。

図2 2020年度に投資を予定しているIT投資分野(n=1329)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。