特集
» 2020年01月29日 08時00分 公開

RPA、読者が1番利用しているツールは? 実態調査

RPA(Robotic Process Automation)がもてはやされる一方、その課題や失敗事例もクローズアップされているが、実際はどうなのか。また、RPAを利用中の企業はどのベンダーのツールを使っているのか? 9つのツールの順位が明らかに。

[溝田萌里,キーマンズネット]

 キーマンズネット編集部では2020年に注目すべきトピックスとして「セキュリティ」「クラウド活用」「情報共有」「DX人材」「AI導入」「RPA」「働き方改革」の7つのトピックスを抽出し、調査(有効回答数1329件、実施期間:2019年11月22日〜12月20日)を行った。企業における2020年のIT投資意向と併せて調査結果を全8回でお届けする。

 第6回のテーマは「RPA(Robotic Process Automation)」だ。

調査サマリー

  • 回答者の約4割がトライアルを含めて「RPAを導入済み」と回答した
  • RPAによる業務削減率は「30%以下」が約8割
  • RPAの導入における各フェーズで障壁があり、「ブラックボックス化が加速してしまう」の声も
  • 14.2%の企業がRPA導入時にコンサルティングを依頼すると回答した

全体の4割がRPAを導入済み

 働き方改革の取り組みを背景に2017年頃から熱い視線を集めるRPA。本調査では、RPAの利用状況から利用しているツール、課題などについて尋ねた。

 まず、アンケート回答者の勤め先での導入状況を聞いた。その結果、「現在導入していないが興味はある」と答えた企業が34.2%と最も多く、次いで「現在導入しておらず今後も導入する予定はない」(25.4%)、「本格展開中」(13.6%)、「トライアル実施中」(13.1%)、「現在は導入していないが具体的な導入に向けて検討中」(8.1%)、「本格展開完了」(3.2%)、「トライアル完了」(2.6%)と続いた。

 トライアルを含めると約4割の企業がRPAを利用している実態が分かった。企業規模別に見ると、従業員が多い企業ほど導入の段階が進んでおり、3001人以上の従業員規模の企業では5割以上の企業がトライアル以降のフェーズに進んでいた(図1)。

図1 RPAの利用状況

読者が1番利用しているツールは?

 大企業を中心に導入が進むRPAだが、ツールを導入するポイントはどこなのだろうか。「現在導入しておらず、今後も導入する予定はない」と答えた回答者を除き、RPAに期待する役割について尋ねた。

 その結果、上位を占めたのは「コストが安い」62.6%、「初心者でも扱いやすい」55.7%だった。次いで「UIが日本語」(40.7%)、「自社システムとの相性がよい」(39.4%)、「ベンダーのサポートが手厚い」(38.0%)、「GUI操作でシナリオを作成できる」(35.7%)と続いた(図2)。1年前の調査結果でも上位6項目は変わっておらず、ユーザーがRPAに期待することはほぼ変化が見られなかった。

図2 RPAツールに期待するもの

 また、トライアル以降のフェーズに進んでいる企業を対象に利用しているRPAツールを調査した。結果は下図の通り。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。