Special
» 2020年01月29日 00時00分 公開

低コストを実現する方法を技術的に解説! 増え続ける大容量データ群を支える次世代ストレージとはセミナー

[PR/キーマンズネット]

 2020年には世界のデジタルデータ量が40ZBを超えると言われている今、貴社が保有するデータ量も増え続けているのではないでしょうか。企業の競争力をあげるデータを確実に蓄積しながら、データを圧縮しストレージのコスト効率をあげるのは至難の業です。

 そこで、本ウェブセミナーでは、高いコストパフォーマンスを発揮するHPE Nimbleストレージと、業界随一の管理性・保守性を実現しているHPE InfoSightを活用した次世代のストレージ環境をご紹介します。CASL、Read Cacheなど具体的な仕組みまで踏み込んでご紹介することで技術的な側面から次世代ストレージをひも解きます。

アジェンダ

  • 次世代ストレージ期待すること
  • ストレージのコストパフォーマンスを高めるには
  • 管理と先端保守を一体化させた予測分析システムでできること
  • ストレージ上のデータをクラウドへ移行することのメリット

講演者

日本ヒューレット・パッカード株式会社
ハイブリッドIT事業統括 プロダクトアーキテクト統括本部 製品技術本部 ストレージソリューション部
高木 直樹

2014年 日本ヒューレット・パッカード入社。ストレージプリセールスに配属され、主にエントリー〜ミッドレンジのストレージ担当として技術を磨く。Nimbleストレージについても買収当初からHPEでの国内Launchに従事しており、提案のみならず機器のアーキテクチャにも精通。

日本ヒューレット・パッカード株式会社
Pointnext事業統括 GreenLakeビジネス開発本部
水谷 芽里



セミナー概要

 形式  オンラインセミナー(配信中)
 参加費  無料
 主催  SB C&S株式会社
 日本ヒューレット・パッカード株式会社
 お問い合わせ  アイティメディア株式会社 イベント運営事務局
 E-Mail:event_support@sml.itmedia.co.jp
 TEL:03-6893-2190

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.