特集
» 2020年01月27日 08時00分 公開

花王データサイエンス室が考える「10年使えるデータ活用基盤」の思想とデザインとは

花王のデジタルマーケティング施策を支えるデータサイエンス室は「10年使えるデータ活用基盤」を構築を目指す。ポイントは現場との議論の積み上げ方にあるという。その思想とデザインを聞いた。

[土肥正弘,ドキュメント工房]

 古くからデータを活用したマーケティングに取り組んできた花王は、デジタル変革の波の中で情報基盤の見直しやBIツールの活用をカギに、将来も使い続けられるデータ活用の仕組みを実現しようと挑戦を続ける。その活動の中心を担うデータサイエンス室メンバーが過去の挫折と現在の挑戦について語った。

「隠密組織」が立ち上げた「変化に耐えて10年使えるデータ分析基盤」構想

 花王のマーケティングの基礎は同社元会長の佐川 幸三郎氏にある。佐川氏の著書『新しいマーケティングの実際』(プレジデント社、1992年)では、「マーケティングは知的で創造的な仕事である」「ハードとソフトの両技術のブレークスルーが要求されている」「創造性、革新性がなければ組織全体が時代に取り残される」「誰でも、いつでも、どこでも、容易にアクセスできる情報インフラ構築が近代的組織運営に不可欠な要素」など、現在にそのまま通じるマーケティングの基礎と要点が示されている。

 現在同社のデータサイエンス室長を務める佐藤満紀氏は、入社当初からその思想を学んだが「ほぼ30年たった今でも挑戦している」と理想に向かう活動の難しさを語る。

 花王がマーケティングに特化したデータ解析部門を設置したのは2004年のことだ。佐藤氏が参画したこのプロジェクトチームは狭い部屋に5人が集まり日々データ分析を行う、同社内でも「隠密組織」と呼ばれるような隠れた存在だったという。このプロジェクトで佐藤氏は3つの挫折を味わったという。

 「最初の挫折は、高価な機材を用意したのに真価を発揮できずに『猫に小判』状態になってしまったこと。第2の挫折は、分析要件の変化が激しく、ソフトウェアの開発が回らなくなり、開発現場が疲弊したこと」と当時を振り返る。だが、最も大きな挫折を感じたのは「従業員に変化への抵抗があり、仕事のやり方が変わらないことだった」。

花王 マーケティング創発部門コンシューマーリレーション開発部データサイエンス室 室長 佐藤満紀氏 花王 マーケティング創発部門コンシューマーリレーション開発部データサイエンス室 室長 佐藤満紀氏

本記事は2019年11月6日のドーモ株式会社主催「Domo Reimagine Tokyo」での講演を基に再構成したもの。



挫折からのリベンジへ、10年使えるデジタルデータ活用基盤には何が必要か

 この挫折から12年後の2016年、佐藤氏らに転機が訪れる。BIツールによるデータ分析が一般的になりつつあったからだ。既にBIツールは普及途上にあり、いくつもの製品が存在していた。

 これまで実現できなかった課題を解決し、挫折の要因にリベンジするには最新ツールによるデータの効果的な活用が鍵になると考えた佐藤氏の目に止まったのは、米国に本拠を置くDomoのBIツールだった。実際には2017年にDomoのトライアルを開始し、2018年に実際の導入に踏み切った。

 このタイミングで佐藤氏らデータ解析部門は、領域横断でデータドリブンマーケティングの体制を構築する専門組織「データサイエンス室」としての活動を開始する。データエンジニアリングを担う情報システム部門、データサイエンスを駆使するマーケティングリサーチ部門、ビジネスを推進する事業部門を横断してデータドリブンマーケティングを推進するのがミッションだ。

 データ活用の基盤を構築するデータエンジニアリングを担うデータサイエンス室の白石光弘氏は「データの量と種類が激増する現状に対応するには、データの自動収集や複雑な加工・演算ができるバックエンドインフラが必要」と語る。

 また、データ活用基盤に求められる条件として、KPIやデータフォーマットの変化に柔軟に対応できる環境を挙げる。さらに業務引き継ぎの効率や、全社でのデータ管理方法も検討すべき項目だと指摘する。

 「データサイエンティストの仕事の8割は、前処理に費やされる。データ分析基盤の能力を使ってこの工程をゼロに近づけたい」(白石氏)

10年使えるデータ分析基盤には、何が必要か

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。