特集
» 2020年01月24日 08時00分 公開

AI導入「必要」86%、実際の導入率は18%……RPAと混同する声も

「AI」ブームの盛り上がりは衰えを知らず、2019年も技術導入から開発、人材育成など多方面で話題が盛り上がった。調査では、現場のAI利用もさらに現実味を帯びていることが分かった一方で、AIに対する誤った認識も浮かび上がった。

[野依史乃,キーマンズネット]

 キーマンズネット編集部では2020年に注目すべきトピックスとして「セキュリティ」「クラウド活用」「情報共有」「DX人材」「AI導入」「RPA」「働き方改革」の7つのトピックスを抽出し、読者調査を実施した(実施期間:2019年11月22日〜12月20日、有効回答数1329件)。企業における2020年のIT投資意向と併せて調査結果を全8回でお届けする。

 第5回のテーマは「AI導入」だ。

調査サマリー

  • 86%がAI「必要」と回答、しかし実際に「活用している」のは18%
  • 今後導入が必要な分野は情シスや販促・マーケで45%超
  • 実導入は製造・生産中心に業種問わず進む、RPAやOCRなどをAI化したい声
  • AI人材不足やデータ整備不足などの課題も浮き彫りに

86%がAI「必要」、情報システム分野でのAI活用に注目

 業種業界を問わず活用が広がる「人工知能(AI)」。2019年は第3次AIブームがさらに盛り上がり、製品やソリューションも多く登場。人材育成といったトピックでも話題を呼び、AIは地に足のついたテーマとなりつつある。2020年、企業のAI活用はどこまで進展するだろうか。

 調査ではまず、AIに関する調査では企業の業務およびシステムにAIは必要かという質問をした。全体の回答(1329件)のうち「必要だと思う」が85.9%、「必要だと思わない」が14.1%となった。「必要だと思わない」と回答した理由をフリーコメントで問うと、「使えるデータがない」「利用コストや維持管理を考えると費用対効果が低い」などの声が寄せられた。さらに、「現状のAIはパターンマッチングにすぎない」「(AIの)定義が曖昧で具体性に欠ける」「AIとは言葉だけで具体的に何ができるか明らかではない」「AIは単なる関数計算で、必要以上に期待すべきではない」といった批判的な意見もあり、イメージが先行し、期待した効果を得にくかった第2次ブームまでのAIイメージに基づく不信感をあらわにする声もあった。

図1 質問「企業の業務やシステムにAIは必要だと思いますか」

 次に、企業の業務およびシステムにAIが「必要だと思う」とした回答者(1,142件)を対象に、どのような分野・業務においてAIが必要だと感じているかを伺ったところ、「情報システム」が47%と最も高く、次いで「販売促進・マーケティング」(46%)「製造・生産」(42%)「営業・販売」(41%)が続いた。昨今、インフラ管理自動化やインシデント対策自動化などAI搭載をうたうIT製品・ソリューションやCRMを導入したデジタルマーケティング成功事例などが続々と登場していることも影響しているだろう。フリーコメントでは「ヒューマンエラーを未然に防いでくれるのであれば、どの分野でも良い」「分野を超えてデータ解析に活用したい」などの意見もあった。

図2 質問「どのような分野、業務においてAIが必要だと感じますか」

自動化のトレンドはRPAからAIにシフトできるか

 必要性は十分に認識されその活用も具体的になっている中、実際に現場でのAI活用はどれほど進んでいるのだろうか。勤務先でのAI活用について質問したところ、全体の回答のうち、「活用していない」が約58%と最も高い結果に。次に「検討中」が約24%。「活用している」は約18%にとどまる結果となった。

図3 質問「勤務先ではすでにAIを活用していますか」

 では、実際にAI活用が進んでいるのはどういった業務なのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。