Special
» 2020年01月22日 10時00分 公開

高品質製品を短期間で開発、自動車や航空機で活用が進む連成解析【検証レポート】ものづくり開発の革命「コシミュレーション」

熱流体解析ソフト「scFLOW」と構造解析ソフト「MSC Nastran」の連成解析における共有メモリ型システムの優位性を実証。インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー搭載「HPE Superdome Flex」のCAE領域における実力に迫る。

[PR/キーマンズネット]
PR

 熱流体解析ソフト「scFLOW」と構造解析ソフト「MSC Nastran」のコシミュレーション(Co-Simulation:連成解析)が、ものづくり開発スピードと精度を向上させている。さらに、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーを搭載する業界最大級のスケールアップ型サーバ「HPE Superdome Flex」によるコシミュレーション計算時間の短縮は、今後のものづくり開発に革命をもたらすことになるだろう。

 世界を相手にしたものづくり競争で勝つためには、コンピュータシミュレーションを駆使した高性能で高品質な製品開発が必要不可欠となる。その現場で、最近導入が進んでいるのがコシミュレーションである。コシミュレーションは複数の異なる解析プログラムを1つの計算結果として出力できるため、開発者の分析スピードが向上し開発期間の短縮が可能となる。

 今回のコンテンツでは、コシミュレーションの必要性、詳細、そして「インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー」を搭載する「HPE Superdome Flex」上でのコシミュレーションの計算結果を紹介する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:株式会社エス・ワイ・シー、日本ヒューレット・パッカード株式会社
アイティメディア営業企画/制作:キーマンズネット編集部