ニュース
» 2020年01月22日 08時00分 公開

「コグニティブオートメーション」とは? 単独で高度な認識が可能なRPAで何ができるようになるか

単純作業の自動化に向くとされてきたRPA。少しの画面の変更でエラーが出ることもあり、扱いが難しいことも理解されつつある。こうした中、RPAにコグニティブ機能を搭載した製品が登場した。どこまで自動化できるだろうか。

[キーマンズネット]

 RPAにAIを組み合わせることで、誰でも簡単に現場における自動化作業を実施できるようにする──。そんな取り組みにRPAベンダー各社が力を入れている。国内でRPAツールの導入が活発化し、大手企業の多くは何らかの形でRPAを活用するようになった。ただ、その過程でRPAツール単体では苦手な領域があることも分かってきた。例えば、画像認識や音声認識、自然言語認識といった認知・認識(コグニティブ)に関する分野だ。

 画像認識の例としては、OCR(Optical Character Recognition、光学的文字認識)を使った帳票の電子化がある。RPAを利用すると紙やFAXで受け取った注文書などからOCRを使って商品番号や商品名、価格などを自動的に抜き出し、電子データにできる。ただし、OCRの読み取り精度は年々向上しているとはいえ、認識率を100%することは難しい。また、帳票のフォーマットに変更があれば文字や数字を抽出する場所が変わり、その都度RPAの設定を変える必要がある。

 こうした設定変更をIT部門の手を借りずにユーザー自身で実施し続けられればよいが、実際には高度なカスタマイズが必要な場合もあり、相応のスキルを持つ担当者に頼らざるを得ないことが多い。RPAのメンテナンスに手間をかけることで現場の業務負荷が上ってしまえば本末転倒だ。

 そこで活用するのがAIを使った画像認識だ。OCRの読み取り精度を機械学習などの技術を用いて向上させたり、帳票のフォーマットを学習してテキストデータ化の処理や変更作業を効率化したりできる。このようなAI機能の強化に積極的に取り組んでいるRPAツールベンダーの1社がAutomation Anywhereだ。本稿ではAutomation Anywhereに搭載されるAI機能である「IQ Bot」のメリットを見ていく。

AI-OCRを取り込んだツールで単純なRPAでは不可能な処理を自動化する

オートメーション・エニウェア・ジャパン 米田真一氏

 オートメーション・エニウェア・ジャパンの米田真一氏(パートナーマーケティング シニアマネージャー)は、Automation AnywhereのAI機能が他のベンダーのそれと大きく異なるのは、RPAとAIを1つの製品の中で提供できる点にある、と説明する。

 「RPAでAI-OCRを組み合わせる場合、サードパーティーのAIツールを利用する方法が一般的です。Automation AnywhereはRPAとAIを1つのソリューションとして提供します。RPAとAIの処理を一貫した流れで処理できます」(米田氏)

 Automation Anywhereは現在、世界3500社の企業に導入され、計170万件のRPAが稼働している。単純計算で1社当たり500件ほどだ。米田氏は「2020年中に300万」件のRPAロボット供給を目指すという。

 急速に採用が広がったRPAだが、導入した全ての企業が大きな成果を出しているかというと必ずしもそうではない。

 「現在、9割の企業が何らかのRPAを導入していると言われます。ただ、さまざまな調査結果を見ると、成果が出ている企業はごくわずかです」と米田氏は指摘する。

 成功するかどうかは内製化の成否で決まるという。「内製化を進め、社内に根付かせてロボットを増やしていく体制ができればRPA定着は成功します。そこで重要になるのが内製化しやすいツールであるかどうかです」(米田氏)

 Automation Anywhereは、業務ユーザー主導の開発を可能にする容易性を持ち、ロボット開発の単価を低減し、ノウハウを蓄積しやすいことに特徴がある。最新版の「Enterprise A2019」では「Microsoft Azure」を活用し、マーケットストア「Bot Store」を展開、ユーザーの内製化を支援する活動を積極的に進める。IQ Botもそうした内製化を助ける機能の1つと言える。

コグニティブオートメーションとは? RPAと何が違うか

オートメーション・エニウェア・ジャパン 佐野千紘氏

 IQ Botはコグニティブ技術で画像などを学習し、RPAと連携して業務の自動化を推進するソリューションだ。オートメーション・エニウェア・ジャパンの佐野千紘氏(NextGenコグニティブオートメーション担当シニアセールスエンジニア)は、IQ Botを、他のツールと比較して「機能」「事前学習」「事後学習」「OCRエンジン」「UI」という5つの項目で特徴がある、と説明する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。