特集
» 2020年01月17日 10時00分 公開

RPAの効果は無料で実感できる! 無料でも理解が進む用途別ツールを紹介<2020年度版>

[大森新也,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

 大手企業を中心にRPA(ロボティック・プロセスオートメーション)の導入が本格的に進み始めている。従来は人間しかできないと考えられていた作業を、ソフトウェアに代行させる業務改革手法である。

 三井住友FGはRPA導入によって年間200万時間以上の作業を削減した。ソフトバンクグループも人工知能(AI)を絡めることで、年70万時間以上減らしたという。(※1)しかし、RPAの導入を検討したいものの、自社にとっての効果がイメージできないという意見があるのも理解できる。そこで、最初は無料ツールで試験導入し、ある程度の手応えを得てから、高度な活用へとステップアップするという方法をとるのが現実的な進め方ではないだろうか。

 この記事では、企業のRPA導入への挑戦をサポートするために、目的と連携ツールのキーワードごとに、無料でトライアルできるRPA導入ツールを紹介する。さらに、OCR(光学的文字認識)やAIを組み合わせたものなど、導入目的ごとに発展系への足がかりとなる活用方法にも踏み込んで解説していく。

■記事内目次

  • 目的別で無料トライアルできるRPA
    • 業務の可視化/分析
    • トライアル/PoC
    • 開発サポート
    • 運用サポート
    • ワンストップ
    • 働き方改革
  • 連携ツール別で無料トライアルできるRPA
    • RPAプラスOCR
    • BPM
    • RPAプラスAI
    • エクセル連携

目的別で無料トライアルできるRPA

 RPAを導入する背景には、効率の悪い業務を可視化し、分析することで改善したい、新しい取り組みを実践するためにPoCを実施したいなど、企業ごとにさまざまな事情がある。RPAはこれまでになかった解決策として、注目されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。