特集
» 2020年01月17日 10時00分 公開

Excel業務の効率化はRPAだけに頼らず適材適所で──CTCシステムマネジメントが自社での経験から導いた解「Robochestration」とは

[加藤学宏,RPA BANK]

2021年9月13日、RPA BANK はキーマンズネットに移管いたしました。
移管に関する FAQ やお問い合わせは RPA BANKをご利用いただいていた方へのお知らせ をご覧ください。

RPA BANK

業務効率化、自動化のためにはどのようなツールが最適なのか。今注目されているRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は、市場の盛り上がりに呼応してさまざまな製品が登場している。

最近では「思ったような効果が出ない」との声も聞かれ、投資対効果や目的に合わせてより正しいツールを選ぶために慎重にならざるを得ないが、おおむね似た機能を搭載しており、選定は悩ましい。

「RPAだけではなく、不得意な業務には他のツールを組み合わせるべき。そもそもExcel業務が多ければ、ボトルネックの解消にはRPA以外の選択が効果的」

そう話すのは、自社での経験も踏まえた結果、1つのRPA製品だけに頼るのではなく適材適所でツールを活用する「Robochestration(ロボケストレーション)」を提案するCTCシステムマネジメント株式会社(以下、CTCS)だ。ユーザーと導入支援、両方の経験を持つ同社の「業務効率化に必要な考え方」について話を聞いた。

■記事内目次

  • まず自社業務にRPAを適用した結果、「Robochestration」の概念を形成
  • 特にExcel業務ではRPA以外の選択肢
  • システムと業務のギャップを吸収して効率化を実現
  • 人の力も組み合わせた柔軟なオーケストレーションが効率化の秘訣

(左より)CTCシステムマネジメント株式会社 デジタルビジネス本部 サービス戦略部 部長 伊藤千博氏、同部 第3課 課長 櫻井良光氏

まず自社業務にRPAを適用した結果、「Robochestration」の概念を形成

−CTCSが自社でのRPA導入経験を通じて打ち出した「Robochestration」というコンセプトについて教えてください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。