特集
» 2020年01月08日 08時00分 公開

「Windows 7」を使い続ける方法は? 2020年1月14日以降の延命策を解説

Windows 7の延長サポート終了日以降もWindows 7を使い続ける方法がある。Windows 10に今すぐ移行できないPCを救う方法を解説する。

[山本雅史,キーマンズネット]

Windows 7の延長サポート終了後を乗り切る方法

 2020年1月14日、ついに「Windows 7」のサポートが終了する。Microsoftが1年以上前からWindows 7サポート終了を告知してきたことから、多くの方がこの情報を知っていることだろう。直近に実施したキーマンズネットの調査でも「Windows 10」の利用者が過半数を占めており、移行準備は進みつつある。だが、現在もWindows 7を利用し続ける方が残されているのも事実だ。

 実は2019年1月14日以降もWindows 7の延長サポートを最大3年間伸ばす方法がある。具体的には「Windows 7 Extend Security Update」(ESU)を利用するか「Windows Virtual Desktop」(WVD)に移行するかの2択だが、適用方法には幾つかのアプローチがあり、いずれも一長一短がある。本稿ではWindows 7延命策が適用可能な環境や費用感、利用する際の注意点などを見ていく。

この記事で分かること

  • Windows 7の延長サポート終了後を乗り切る方法
  • 選択肢1:「Windows 7 Extend Security Update」(ESU)を適用する場合の費用、制約、注意点
    1. Windows 7 ESUを適用する条件
    2. Windows 7 ESUのライセンス
    3. Windows 7 ESUの価格
    4. Windows 7 ESUのサポート範囲
  • Windows 7 ESUの具体的な適用手順
  • 選択肢2:Windows Virtual Desktop(WVD)を利用する場合の費用、制約、注意点
  • 延命策の賢い使い方

選択肢1:「Windows 7 Extend Security Update」(ESU)を適用する場合の費用、制約、注意点

 Microsoftは2019年12月1日からWindows 7の延長サポートを伸ばすオプション「Windows 7 Extend Security Update」(以下Windows 7 ESU)を提供している。Windows 7 ESUは、ボリュームライセンスユーザーであれば「Volume Licensing Service Center」(VLSC)が、それ以外のユーザーはMicrosoftの「Cloud Solution Provider」(CSP)パートナーが提供する。

1 図1 Windows 7のサポート終了を知らせるマイクロソフトの告知 Windows 7と組み込みシステム向けの「Windows 7 Embedded System」の延長サポートは2020年1月14日に終了する。ただし同じ組み込み用でも「Windows 7 Embedded Standard 7」は2020年10月13日、POSシステム用の「Windows Embedded POS Ready 7」は2020年10月12日の延長サポートが終了する。同じWindows 7ファミリーでも若干延長サポート終了のスケジュールが異なることに注意したい
1 図2 2020年1月15日以降はサポート対象外を伝える全画面の通知が表示されるようになる

Windows 7 ESUを適用する条件

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。