特集
» 2020年01月06日 08時00分 公開

「Power Automate」とは? 無料で使えるMicrosoft公式の脱Excel RPAツールでできること

Microsoft純正のエンドユーザーコンピューティング基盤の製品群が「Power Platform」だ。脱Excelツール、セルフサービスBI、RPA……と、今までマイクロソフトテクノロジーの周辺技術とされてきた内容を丸ごと取り込んだ機能の全体像を把握しておこう。

[山本雅史,キーマンズネット]

「Power Platform」とは

 Microsoftは自社のクラウドサービス「Office 365」や「Dynamics 365」、パブリッククラウドの「Microsoft Azure」、他社のクラウドサービスなどに蓄積されているデータを利用してユーザー企業独自のアプリケーションをエンドユーザーが簡単に構築できるプラットフォーム「Power Platform」を用意する。

 Power Platformにはエンドユーザーが簡単にデータを分析できる「Power BI」の他、2019年11月に米国で開催されたMicrosoftのイベント「Ignite」で発表された次に挙げるサービスが含まれる。

  • botを簡単に構築できる「Power Virtual Agents」
  • クラウドサービスを利用したアプリケーションをプログラミング言語を使わず簡単に構築できるプラットフォーム「Power Apps」
  • 用意されているテンプレートを組み合わせることでRPA(Robotic Process Automation)を実現するプラットフォーム「Power Automate」(旧Flow)
Power Platformの全体像(出典:Microsoft)
Power Automateはアプリ連携ツール色が強かったFlowにRPA機能(「UIフロー」)を加え、より業務の自動化をしやすくする(出典:Microsoft)

複数のクラウドサービスを横断してデータを活用する仕掛け

 現段階でのPower Platformの最大の特徴は全てが「開発レス」で利用できる点にある。プログラミング言語を使用してアプリケーションやサービスを開発する必要がなく、Office 365やDynamics 365、あるいは「Microsoft Azure」に蓄積されるデータを基にユーザーが必要なアプリケーションやサービスを自由に構築できる。この意味ではノンプログラミングアプリケーション開発プラットフォームがになってきた機能を代替するものと言えるだろう。

 さらにPower Platformの興味深い点はMicrosoftのクラウドサービス以外のサービスも組み込んでアプリケーションを開発できる点にある。例えば後述するPower Automateは、Googleのメールサービスである「Gmail」やクラウドストレージサービス「Box」、チャットサービス「Slack」などのMicrosoft以外のサービスを連携させたアプリケーションも開発できる。開発はノンプログラミングなのでエンジニアのリソースに依存せず、必要なアプリケーションを必要な人が開発することができる。またPower AppsではUI画面を設定して各ボタンやメニューの操作をテンプレートから貼り付け、個々のボタンの機能をテンプレートから設定すれば、クラウド上のデータやサービスを利用したモバイル アプリが簡単に構築できる。

アプリケーション連携の例

Excelマクロ職人なら使いこなせる? 脱ExcelアプリをExcel職人が作れるように

 これらを活用すればアプリやサービスの開発をIT部門に依頼したり、外部のアプリケーション開発企業に外注したりする必要はなく、企業のエンドユーザーが自力で短期間に低コストで開発できるようになる。開発を介さずに業務の要件に合わせた機能を自力で構築できる分、短いサイクルでPDCA(Plan-Do-Check-Action)を回していける点はメリットとなるだろう。予算や工期調整などで動きが遅くなりやすい業務システム開発と比較すると非常にスピード感があるアプリケーション開発が可能になる。事業環境や業務内容に変化が多い企業の場合、完璧でなくても「まず行動すること」で変化に対応せざるを得ない場面もある。こうしたとき、アプリケーションも、まずはすぐ手を動かせたり、思い付いたアイデアをすぐ実装できたりする手軽さが重要だ。ノンプログラミングアプリ開発ツールは、業務課題を持つ部門が自身で課題を手早く解決するのに向いている。

 そうはいってもPower Platformを筆者が実際に触ってみた感触からすると、ノンプログラミングで利用できるといってもある程度は「プログラマー的な思考」を持っていないと操作は難しい。だが幸いなことに業務アプリがカバーできなかった業務を吸収してきた「Excelマクロ」を使うスキルがあれば十分に利用できるのではないだろうか。Power Platformは多人数で多様なスキルセットの人たちが開発するというよりも、数人(もしくは1人)が短期間にアプリやサービスを構築するのに適している印象だ。Excelマクロはコーダーによって自由に実装でき過ぎてメンテナンスできなくなることが課題となりやすかったが、ノンプログラミングアプリであればある程度絞り込んだシナリオで操作すること、コーディングが不要であることなどからメンテナンスできなくなるといったリスクは回避できるのではないだろうか。この意味でPower Platformは脱Excelツールとしての魅力も兼ね備えていると言えるだろう。

契約プランによっては無料で使える

 Power Platformのもう一つの特徴としては、本稿執筆時点ではOffice 365やDynamics 365のユーザーであれば、契約プランによっては無償で利用できる点が挙げられる。Office 365やDynamics 365にデータを蓄積して、利用する企業であれば、これだけの強力なツールを無償で利用できるのは大きなメリットだろう(Power Platformで高度な機能を利用する場合は、追加で有償ライセンスが必要になる場合もある。2019年11月時点では、AI関連の機能を提供する「AI Builder」などはOffice 365やDynamics 365のプランによっては追加ライセンスになる場合がある)。

 Microsoftでは、11月のIgniteでbotのPower Virtual Agentsの発表をしたように、今後Power Platformのサービスを拡充していく予定だ。また、個々のPower Platformのサービスは、あまり連携していなかったが、今後は自社のクラウドサービスだけでなく、他社のクラウドサービスとの連携も計画しているようだ。

Power Automate単体の価格設定 小規模利用に向くユーザー単位の月額制に加え、大規模に運用する際に向くフロー単位での月額制も用意する

 Power BIについてはすでに過去の記事で紹介しているので、ここからはPower Platformを構成する要素Power Appsと注目のMicrosoft流RPA「Power Automate」の機能詳細をレビューしていく。

「Power Apps」は何ができるか

 Power Appsの最大の特徴は、プログラミング言語を利用せずに用意されているテンプレートにプリセットされた機能を使ってアプリを作成できる点にある。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。