ニュース
» 2019年12月16日 12時06分 公開

O365やG Suiteのメールアーカイブもクラウドで――Aecserveがクラウドサービスを拡充

クラウドメールのアーカイブを安心して長期保存するには、メールシステムと別でメールアーカイブを持つ必要がある。監査や訴訟、インシデント対応に必須のシステムをシンプルに利用できるサービスが登場した。

[キーマンズネット]

 Arcserveがクラウドサービスのラインアップを拡充する。「Aecserve Unified Data Protection(UDP)」の運用をクラウドに延伸する「Arcserve UDP Cloud Hybrid」と、直接クラウドにデータをバックアップする「Arcserve UDP Cloud Direct」に加え、メールアーカイブもクラウドで利用できるようになる。

 新サービスの名称は「Arcserve UDP Cloud Archiving」。同社クラウドサービス「Arcserve Business Continuity Cloud」の1つとして2019年12月25日にサービスを開始する。サービスを提供するデータセンターはArcserve独自のもの。同サービスは送受信されたメールを全て収集し、暗号化してArcserve Cloud上に指定期間保管するもの。監査証跡や法的リスク回避に役立つ。

 「Microsoft office 365」や「G Suite」のクラウドメールシステムであれば「クラウドtoクラウド」(C2C)でオンプレミスを介さずにメールを長期保管できる。料金体系は他の「Arcserve Business Continuity Cloud」サービスと同様に、メールボックス数やアカウント数に関わらず保管するメールの総容量に対してTB(テラバイト)単位の年間サブスクリプション型だ。価格は1TBで年間52万5000円(税別)から。Arcserve Cloudのサービスを利用するため、環境構築や運用にかかわる負担を大幅に削減できるとしている。

 Arcserve UDP Cloud Archivingは高速な検索エンジンを搭載し、短時間で必要なメールを探し出せる点が特徴。キーワード検索だけでなく、送受信者、件名、添付ファイル名などの条件検索にも対応する。検索結果をタグやメモを加えて保存できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。