ニュース
» 2019年12月12日 07時00分 公開

IT資格の取得状況(2019年)/後編

従業員の資格取得を促進させるには、会社のバックアップ体制も重要だ。資格の取得支援というと「受験費用の負担」や「報奨金」などが挙がるが、従業員はお金や昇進以外にも求めるものがあるという。

[キーマンズネット]

 キーマンズネットは2019年11月5日〜21日にわたり、「IT関連の資格保有に関するアンケート」を実施した。全回答者数194人のうち、情報システム部門は29.9%、製造・生産部門が19.1%、営業・販売・営業企画部門が13.9%、経営者・経営企画部門が7.2%などと続く内訳であった。

 今回は、IT資格の「取得までの期間」や「学習方法」、企業が設置する「資格取得の支援制度」など、資格取得までの過程や支援制度についての現状を把握するための質問を展開。なお、グラフ内で使用している合計値と合計欄の値が丸め誤差により一致しない場合があるので、事前にご了承いただきたい。

資格取得に掛かる学習コストはどのくらい?

 前編は全体の75.3%がIT資格を取得済みであることなど、IT資格の取得状況と保有する資格、これから取得予定の資格などについて触れた。後編では資格取得に至るまでの学習方法や企業が設置する支援制度などについて、読者の回答を紹介しよう。

 まずIT資格の取得者は、学習時間をどの程度割いているのだろうか。試験勉強を開始してから受験するまでのおおよその期間を聞いたところ「4カ月〜6カ月」が最も多く37.7%、続いて「1カ月〜3カ月」34.9%、「1カ月未満」7.5%と、全体で80.1%が半年以内に受検していることが分かった(図1)。この結果を資格別に見ると、「ITパスポート」や「情報セキュリティマネジメント」「基本情報技術者」などは6カ月以下と比較的学習時間が少なく、「情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)」「PMP(Project Management Professional)」「データベーススペシャリスト」などは、受験までの準備期間を長く取る傾向にある。

図1 資格勉強を開始してから受験までのおおよその期間

 学習方法については「参考書を購入し独学で勉強した」が87.7%で、大多数を占めた。続いて「通信教育やe-ラーニングを受講した」15.8%、「社内外の勉強会や学習サークルで勉強した」8.9%となった(図2)。その他では「実務経験」や「OJT」などの声も挙がり、業務経験がそのまま資格学習につながるケースもあるようだ。

図2 資格取得に向けた学習方法

お金だけじゃない、これからの資格支援制度に望むもの

 優秀な人材の採用や従業員の自己啓発の促進を目的に、資格取得に掛かる学習費用や受験料の補助、資格取得者に対する報奨金や資格手当など、資格取得支援制度を設ける企業もある。読者に対して「勤め先では、資格取得支援制度またはそれに準ずる制度があるか」を尋ねたところ、全体の56.2%と約6割の企業が何らかの支援制度を設けており、5001以上の大企業では77.8%と約8割で設置済みであった(図3)。

図3 資格取得の支援制度の有無(従業員規模別)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

会員登録(無料)

ホワイトペーパーや技術資料、導入事例など、IT導入の課題解決に役立つ資料を簡単に入手できます。